ウォーターサーバーの値段はいくらかかるの?世帯別に月額費用を比較

更新

Reasonable Healthy Tasty 都合のいいこんなお水ないかしら…
「ウォーターサーバーの値段っていくらぐらい?」

ウォーターサーバー選びを始めたときに、まず気になるのが値段ではないでしょうか。

しかし、ウォーターサーバーはいろいろな料金があり、使用するサーバーや水の消費量などによって値段には幅があります

「ウチの場合はいくらなの?」というのがわかりにくいのも事実。

この記事ではウォーターサーバーにはどんな料金がかかるのか、そして「サーバーの違いによる値段相場」を紹介します。

当サイトの価格表記は、すべて税抜です。

ウォーターサーバーにかかる月額費用の内訳は?

そもそも、ウォーターサーバーにかかる費用は「水の料金」だけではありません。具体的にどのような費用がかかるのか見てみましょう。

項目 毎月かかる費用(目安)
水代 2,500円(24L)~5,000円(48L)
サーバー
レンタル代
0~1,000円
電気代 400~1,000円
サポート料 500~1,000円
※サポートサービスがある場合 
配送料 無料のところが多い
合計 3,000~6,000円程度

平均月額費用の合計は「3,000円~6,000円程度」と、ずいぶん幅がありますよね。

これは主に「サーバー・水・サービスによる違い」です。後ほど詳しく解説しますので、まずは上の表の内訳から。

水の料金

どのサーバーでも必ず発生するのが水の料金。

24L換算での価格帯は、安いもので2,000円台後半から、高いもので4,000円台後半といったところ。だいたい3,000円台が目安です。

サーバーレンタル料

大半のウォーターサーバーは、無料でレンタルすることができます。

しかし高機能な上位機種や、おしゃれなデザインサーバーは有料となっている場合も多いので注意が必要。レンタル料は月に1,000円以下のものが多いです。

電気代

サーバーの電気代は機種によってまちまちですが、目安として考えるなら1ヶ月あたり1,000円前後。節電タイプのサーバーだと、500円くらいに抑えられるものもあります。

サポート料

定期的なメンテナンス、故障対応などのサポート料を毎月の料金に含めているウォーターサーバー会社もあります(アクアクララの場合、月額1,000円~1,500円)。

一見「他社にはない料金を取られている」ようにも見えてしまいますが、サーバー内部のメンテナンスまでトータルでサポートしてくれるということなので、衛生面が気になる人にはメリットが大きいと言えます。

配送料

配送料は基本的に無料としている会社がほとんど。
ただし、北海道や沖縄・離島などは送料が発生する場合があるほか、住んでいる地域から離れた採水地の水を注文したときなどに送料が必要な場合も。地域によって配送料は異なりますが、24Lで200円~1,000円くらいが目安です。

【関連記事】
結局いちばん安いウォーターサーバーはどれ?最安サーバー見きわめ術

「3つの価格帯」で見るウォーターサーバーの相場

記事の冒頭で、ウォーターサーバーの月額を「3,000円~6,000円ほど」と紹介しましたが、3,000円もの幅があると戸惑ってしまいますよね。

そこで、各社のウォーターサーバーを「最安クラス」「中堅クラス」「ハイクラス」の3つの価格帯に分けてみました。

それぞれにどんな特徴があるのか見ていきましょう。

とにかく安くしたい人(月額3,500円未満)

メーカー ワンウェイ
ウォーター
OneWayWater
良水市場
おいしい水宅配水
良水市場by Water Point
サーバー smart RO水 ノーマルサーバー
ショートタイプ
水代 ¥1,350
(12L換算)
¥810
(12L換算)
レンタル代 ¥0 ¥648
電気代 ¥436
(目安)
¥1,000
(目安)
平均
月額費用
¥3,136
(24L利用時)
¥3,268
(24L利用時)

まずご紹介するのは、ウォーターサーバー業界でも最安クラスの価格帯。水の値段(24L)+電気代+その他を計算してみて、月額利用料3,500円未満になれば最安クラスと考えていいでしょう。

「とにかく安いやつがいい!」という人はこのクラスから選ぶことになるはず。他のメーカーよりも安くウォーターサーバーが使えるのはうれしいですよね。

ただし業界シェアで見てみると、最安クラスのメーカーは決してメジャーではありません。安さよりデザイン性やサービスなどの「その他の付加価値」を重視するユーザーも多いということです。

「ウォーターサーバーのことをいろいろ調べたけど、やっぱり安い方がいい」という人には最安クラスがおすすめですが「そもそもウォーターサーバーのことをよく知らない」という人は、他の価格帯のウォーターサーバーも調べてみることが大切です。

ウォーターサーバーは世帯人数(水の消費量)によって月々の料金が違ってきます。ここではワンウェイウォーターsmart(RO水)をモデルとして、平均月額費用をご紹介します。

 

平均月額費用

  • 1人暮らし(24L換算) 2,700円
  • 2人暮らし(36L換算) 4,050円
  • 子育て家庭:大人2人子ども2人 (48L換算) 5,400円

使い勝手も気になる人(月額3,500~4,000円強)

メーカー アルピナ
ウォーター
alpinaPureWater
信濃湧水信濃湧水Shinano-Yusui
サーバー エコサーバー エコサーバー
水代 ¥1,134
(12L換算)
¥1,620
(12L換算)
レンタル代 ¥941 ¥324
電気代 ¥580
(目安)
¥507
(目安)
平均月額費用 ¥3,789
(24L利用時)
¥4,071
(24L利用時)

水の値段(24L)+電気代+その他の費用を計算して、月額3,500~4,000円強のあたりが「中堅クラス」といえるでしょう。

このクラスになるとサーバーに省エネタイプがラインナップしていたり、メンテナンスなどのサポート体制が充実していたり、さまざまなメリットがあります。

「サーバーのオシャレさ」に関してはハイクラスのメーカーに劣る傾向がありますが、さほどデザイン性を重視していないならおすすめの価格帯といえるでしょう。

世帯人数による違いをアルピナウォーター(エコサーバー)で試算してみると、以下のようになります。

 

平均月額費用

  • 1人暮らし(24L換算) 3,209円
  • 2人暮らし(36L換算) 4,343円
  • 子育て家庭:大人2人子ども2人 (48L換算) 5,477円

デザインも機能にもこだわりたい人(月額4,500円以上)

月額料金が4,500~5,000円のウォーターサーバー

メーカー コスモウォーターコスモウォーターのロゴ アクアクララAquaClara
サーバー Smartプラス アクアファブ
水代 ¥2,052
(12L換算)
¥1,296
(12L換算)
レンタル代 ¥0 ¥0
電気代 ¥502
(目安)
¥800
(目安)
平均月額費用 ¥4,606
(24L利用時)
¥4,796
(24L利用時)

月額料金が5,000円以上のウォーターサーバー

メーカー フレシャスFRECIOUS Super Fresh Natural Mineral Water プレミアム
ウォーター
PREMIUMWATER ロゴ
サーバー dewo mini cado×PREMIUM WATERウォーターサーバー
水代 ¥2,540
(12L換算)
¥2,116
(12L換算)
レンタル代 ¥0 ¥1,080
電気代 ¥490
(目安)
¥670
(目安)
平均月額費用 ¥5,570
(24L利用時)
¥5,982
(24L利用時)

月額費用(水の値段(24L)+電気代+その他)が4,500円以上になるあたりから、ハイクラスといっていいでしょう。

このクラスになると、さまざまな採水地の水を選ぶことができたり、インテリアになるようなオシャレなサーバーがラインナップしていたり、ユーザー満足度の高いサービスを提供しているのが特徴。

実際のところ、近年はハイクラスのウォーターサーバーを選ぶユーザーが急増しています。

例えばプレミアムウォーターは「2018年度の天然水ウォーターサーバー市場においてシェアNo.1」を獲得しており、「値段だけで選んでいないユーザーも多い」ということがうかがえます。

(参考:【天然水ウォーターサーバー利用者数全国1位】プレミアムウォーターがシェアNO.1を獲得!

世帯人数による違いをコスモウォーターSmartプラスで試算してみると、以下のようになります。

 

平均月額費用

  • 1人暮らし(24L換算) 4,104円
  • 2人暮らし(36L換算) 6,156円
  • 子育て家庭:大人2人子ども2人 (48L換算) 8,208円

ウォーターサーバーにかかるその他の値段

場合によっては、以下のような費用(金額は目安)がかかることもあります。

定期メンテナンス料 5,000円
各種事務手数料 3,000円
早期解約料 10,000円

それぞれどのような費用なのか、詳しく見ていきましょう。

定期メンテナンス料

ウォーターサーバーは、雑菌、水アカなどの汚れが発生するため、定期的なメンテナンスが必要。

しかし「メンテナンスをどこまでサポートしているか」は、以下のようにサーバー会社によってさまざまです。

 

サーバー会社によるメンテナンスの例

  • そもそもメンテナンスのサービスを行っていない
  • 月々の使用料にメンテナンス料が組み込まれている
  • 5,000円程度でメンテナンスしてくれる(メンテナンス済みサーバーと交換してくれる)

サービスを行っていない会社では、当然「メンテナンス費用0円」で済みますが、安心してウォーターサーバーライフを送りたいのなら、メンテナンス費用も想定しておいた方がいいでしょう。

各種事務手数料

ほとんどのメーカーが事務手数料を無料としていますが、プレミアムウォーターのように初回登録事務手数料(3,000円)を必要としている業者もあります。

また、水の配送を休止(次回までスキップ)したりする場合「無料でスキップできるのは2ヶ月まで」というルールが決まっていることも。

しばらく水のボトルを購入しなかった場合、休止事務手数料として1,000円前後かかる場合もあります

早期解約料

ウォーターサーバーは、スマホの「2年契約」のように、一定期間使用することを前提とした料金プランが多いです。

解約金が10,000円以上かかるウォーターサーバー会社もありますが、自分に合ったウォーターサーバーを選べば必要ない費用ですので、しっかりと情報収集することが大切です。

値段の違いはおもにサーバー・水・サービスの違い

ウォーターサーバーの値段の違いとは、ものすごく大まかにいってしまえば「サーバー・水・サービスの違い」です。

ウォーターサーバー選びをするときは、「高機能でオシャレなサーバーや、天然水を選ぶと値段が高くなりがち」ということを理解しておきましょう。

ハイクラスのサーバーはココが違う

上で紹介したウォーターサーバーは、どの価格帯であれ、基本的なサーバーの機能を備えています。どんなサーバーを選んでも「いつでも冷水と温水を使える」という便利な生活が手に入るでしょう。

では、ハイクラスのサーバーは何が違うのでしょうか。

すでに紹介しているとおり、代表的なところとしては「デザイン性」が挙げられます。

ハイクラスのウォーターサーバー会社はインテリアになるようなサーバーをズラリとラインナップしており、中には有名デザイナーが手掛けた機種もあります。

フレシャス ディオが設置されているキッチンに立つ女性の写真

(掲載機種:フレシャス デュオ)

部屋の雰囲気をぐんとアップさせるようなサーバーがあれば、友人やお客さんからもきっと注目されるはず。

フレシャス cado×PREMIUM WATERが設置されている部屋でグラスを持つ女性が移動している写真

(掲載機種:フレシャス cado×PREMIUM WATER)

また中堅~ハイクラスのサーバーには、電気代を節約するエコモードや、サーバー内部を衛生的に保つクリーン機能、温水を熱湯に再加熱するリヒート機能などがあります。

水を出す際も、指先でボタンを押すだけでカンタンに注ぐことができるものなどもあります。ウォーターサーバーは毎日使うものなので、長期的に使い勝手を想像して選ぶことが大切です。

フレシャス デュオ ミニからグラスに水を注いでいる写真

(掲載機種:フレシャス デュオ ミニ)

どちらかといえばRO水の方が安い傾向

ウォーターサーバー会社が提供している水は、大きく分けて「天然水」と「RO水」という種類の違いがあります。

天然水は、自然の中から汲み上げた水に最低限の処理だけをしたもの。RO水というのは、RO膜という特殊なフィルターを使って、ろ過した水のことです。

天然水とRO水の違いを示すイラスト 詳細は以下

天然水・RO水の違いについて詳しく知りたい方は、こちらの記事(天然水とRO水の違いを6項目で比較!赤ちゃんに最適なのはどっち?)をご覧ください。

RO水は原水が水道水であることが多いので、天然水よりも価格が安い傾向があります。天然水もRO水も、「おいしい水」であることに違いはないので、あとは好みの問題。

「少しでも安いものを…」と考えている人は、RO水のウォーターサーバーをチェックしてみましょう。

この記事のまとめ

  • 水の値段だけで選ぶのではなく、まずはいろいろな価格帯のサーバーをチェック
  • 使い勝手やデザイン、水の消費量などトータルで考えることが大切
  • 近年はハイクラスのサーバーが人気

関連記事

ウォーターサーバーの電気代は月々いくらかかるの?10社で徹底比較

「ウォーターサーバーの電気代は一体どれくらい?」

ウォーターサーバーはコスパ悪い?ペットボトル・水道水と比較して…

「ウォーターサーバーのコスパって実際どうなの?」「ペットボトルや浄水…

飲み放題のウォーターサーバーが気になる!月額料金や仕組みを解説

「ウォーターサーバーは飲み放題で利用できるの?」 赤ちゃんが…

一人暮らしにウォーターサーバーはいらない?失敗例から学ぶ賢い導…

「一人暮らしでウォーターサーバーって本当に必要?」