ノルマなしのウォーターサーバーってあるの?おすすめ3社を比較

更新

ノルマを気にしたくない人のためのウォーターサーバーを比較

ウォーターサーバーには、購入ノルマがあるって聞いたんだけど…
自分のペースで自由に注文することはできないの?

ウォーターサーバーのことを調べ始め「購入ノルマ」の存在を知ると、不安になりますよね。

結論からいうと、水が余っているときの対処法もあるので、それほど怖がる必要はありません。また、「ノルマ自体がない」というウォーターサーバー会社もあります。

ノルマに対して不安を感じている人は、この記事をぜひチェックしておきましょう。

当サイトの価格表記は、すべて税抜です。

購入ノルマなしのウォーターサーバー比較

メーカー/機種 水代/12L利用時 サーバーレンタル代/月 電気代/月 想定月額料金(12L利用時)
アルピナウォーター
エコサーバーアルピナウォーターのエコサーバーの写真
1,050円 872円(設置月はサービス) 537円 2,459円
アルピナウォーター
スタンダードサーバーアルピナウォーターのスタンダードサーバーの写真
1,050円 572円(設置月はサービス) 926円 2,548円
アクアクララ
アクアファブアクアクララのウォーターサーバー アクアファブが並んでいる写真
1,200円 1,300円
(安心サポート料)
741円 3,241円
アクアクララ
アクアアドバンスアクアクララのウォーターサーバー アクアアドバンスが並んでいる写真
1,200円 1,500円
(安心サポート料)
324円 3,024円
アクアクララ
アクアスリムアクアクララのウォーターサーバー アクアスリムが並んでいる写真
1,200円 1,000円
(安心サポート料)
648円 2,848円
ウォータースタンド
ナノラピアネオウォータースタンド ナノラピアネオの写真
約3円 3,980円 500円 4,482円
ウォータースタンド
プレミアムラピア ステラウォータースタンドプレミアムラピア ステラの写真
約3円 5,980円 500円 6,482円

当サイトの価格表記は、すべて税抜です。

アルピナウォーター|エコサーバー

リビングに設置されてあるアルピナウォーターエコサーバー

(出典:アルピナウォーター)

アルピナウォーターには、毎月の購入ノルマはありません。「水が必要になったら注文する」というシステムなので、注文しない月があっても大丈夫。

ちなみに最低発送本数は、12Lボトル3本以上(1~2本での注文は不可)。1人暮らしだと「多いな…」と思ってしまうかもしれませんが、アルピナウォーターの賞味期限は未開封で1年なので、大きな問題ではないでしょう。

アルピナウォーターのサーバーには「スタンダードサーバー」と「エコサーバー」の2機種がありますが(スタンダードには卓上型もあり)、エコサーバーにはダブルチャイルドロック温水循環によるクリーニング機能エコモードなどを採用。

エコサーバーは月額レンタル料が872円かかり、スタンダードサーバーよりも300円ほど高いのですが、機能やランニングコストを考えると、エコサーバーの方がおすすめです。

レンタル料(月額) 872円(設置月はサービス)
サイズ(幅×奥×高さ) 31cm×33cm×125cm(12Lボトルをセットした高さ)
重量 17kg
エコモード
消費電力 加熱 260W(CLEANモード180W)
冷却 95W

アクアクララ|アクアファブ

白のテーブルとイス額縁がある部屋に設置されてある アクアクララアクアファブ

(出典:アクアクララ)

アクアクララも注文ノルマがなく「必要なときに注文する」というシステムです。

ボトルの最低発送本数は、12Lのレギュラーボトルで2本以上。7Lのスリムボトルの場合は3本以上となっています。1人暮らしの人は抵抗を感じるかもしれませんが、賞味期限は未開封で6ヶ月なので大きな問題ではないでしょう。

アクアファブは、アクアクララの中でもっともデザイン性の高いサーバーで、リターナブルとしては珍しいボトルカバーを採用しています。

ボトルが外側から見えないのでスタイリッシュで、インテリアとしても最適グッドデザイン賞も受賞しています。「ノルマなし」で、こんなにおしゃれなサーバーを使えるというのはうれしいですよね。

レンタル料(月額) 0円
サイズ(幅×奥×高さ) 28.6cm×35cm×132cm(12Lボトルをセットした高さ)
重量 16kg(ボトルカバーを含む)
エコモード ×
消費電力 加熱 465W
冷却 105W

ウォータースタンド|ナノラピアネオ

キッチンの小物の横に設置されてあるウォータースタンドのナノラピアネオ

(出典:ウォータースタンド)

「ノルマなし」という観点でいえば、水道直結型のウォーターサーバーも当てはまります。

水道直結型は、文字どおり「水道につなぎ、浄水する」ことで利用するサーバー。ボトルに入った水を購入するわけではないので、当然ながら「購入ノルマ」はありません。

支払うお金は、基本的に毎月のサーバーレンタル料のみ。ナノラピアネオの場合、月額4,298円かかりますが、「水の使用量にかかわらず毎月定額」というのはうれしいですよね。

また水道直結型は、ボトル交換の手間がない、ボトルの保管スペースが必要ないといったメリットもあります。

ナノラピアネオは、ウォータースタンドの中でもっともスタンダードな機能をもつサーバー。温水・冷水の他に常温水を出すこともできます。

レンタル料(月額) 3,980円
サイズ(幅×奥×高さ) 26cm×50.5cm×50cm
重量 18kg
エコモード
消費電力 加熱 300W
冷却 115W

購入ノルマなしのメリット・デメリット

購入ノルマなしのメリット

  • 自分のペースで注文できる
  • 定期的に水が配送されるというのは、本来とてもありがたいシステムです。いちいち注文する手間がないので、忙しい人や忘れっぽい人にとっては非常に便利ですよね。

    しかし、1人暮らしなど水の消費量が少ない場合、定期便に対してはちょっと身構えてしまいます。「自分のペースで自由に注文したいのになぁ」と思う人も多いのではないでしょうか。

    購入ノルマなしのウォーターサーバーなら、そんなモヤモヤとは無縁です。

  • 飲まないときは費用が抑えられる
  • 購入ノルマがある場合、まだ水を使い切っていなくても定期的に水が届きます。つまり、水の代金が発生します。

    一方、購入ノルマがなければ「必要ないときは水を買わない」わけですから、水の代金が発生しません。費用を抑えられるというのは、ノルマなしウォーターサーバーの大きなメリットといえるでしょう。

    ただし、水をいっさい注文しなくても、サーバーのレンタル料やサポート料なども無料になるわけではないので、その点は注意が必要です。

購入ノルマなしのデメリット

  • 選べるウォーターサーバーの種類が少ない
  • 「購入ノルマなし」というシステムを採用しているウォーターサーバー会社は少数派です。

    つまり、「購入ノルマなし」という条件が絶対に譲れないのなら、それだけ選択肢も狭まるということ。

    デザイン的にどうしてもこのサーバーがいい!」といった希望があるのなら、ノルマなしという条件を外してみるなどの検討が必要です。

  • 水を使わなくてもレンタル料はかかる
  • 水を使わなくてもウォーターサーバーはレンタルし続けているのですから、レンタル料は継続的に支払う必要があります。

    水は使ってないのに…」という不満もあるかもしれませんが、サーバーは「購入」ではなく「レンタル」して使う場合がほとんどなので、これは致し方ないこと。割り切って使うようにしましょう。

  • 水を注文する手間がある
  • 「自分のペースで自由に注文できる」というのは、裏を返せば「注文しなければ何も届かない」ということ。

    毎月いちいち注文をするのは面倒、と感じる人も多いことでしょう。定期配送を不安に思う気持ちもわかりますが、「その都度注文する手間」についても考えて選ぶことが大切です。

購入ノルマがあっても「配送スキップ」は可能

「購入ノルマ」という言葉にインパクトがあるため、怖がる方も多いかと思いますが、実はそれほど怖がらなくても大丈夫です。というのも、「今月は水を使う量が少なくて余ってるな」と思ったら、来月の配送を一回お休みにすればいいだけ。

ほとんどのウォーターサーバー会社では、配送スキップに対応しています。

無料でスキップできるのは1ヶ月のみ(2ヶ月連続でスキップする場合は休止料が必要)、というルールがあることも多いのですが、多くの場合、2ヶ月も時間をかければ水を消費できるはず。

ウォーターワンのように「無料で2ヶ月連続スキップも可能」としているウォーターサーバー会社もあるので、あまり「購入ノルマ」という言葉を怖がりすぎなくてもよいでしょう

「配送スキップ」のあるウォーターサーバー会社比較

メーカー 一回あたりの配送量 1月当たりに換算 配送停止無料期間 配送停止無料期間を超えて発生する料金
フレシャスフレシャスのウォーターサーバーが並んでいる写真 7.2Lパック×4パック 14.4L 2ヶ月未満 2ヶ月以上で1,000円/月
コスモウォーターコスモウォーターのウォーターサーバーが並んでいる写真 月2本で12L×2本 24L 2ヶ月未満 2ヶ月以上で800円/月
プレミアムウォータープレミアムウォーターのウォーターサーバーが並んでいる写真 月2本で12L×2本 24L 60日未満 60日以上800円
90日経過後800円
120日経過後で強制解約
ウォーターワンウォーターワンのウォーターサーバーが並んでいる写真 月2本で6L×2本
月2本で12L×2本
(水によって異なる)
12L/24L(水によって異なる) 2ヶ月未満 2ヶ月以上で1,000円/月
サントリーサントリーのウォーターサーバーが並んでいる写真 月3箱で7.8L×3箱 23.4L 2ヶ月未満 2ヶ月以上で1,000円/月
クリクラクリクラのウォーターサーバーが並んでいる写真 月2本で6L×2本
月2本で12L×2本
(ボトルによって異なる)
12L/24L(ボトルによって異なる) 45日未満 0円
ワンウェイウォーターワンウェイウォーターのウォーターサーバーが並んでいる写真 月2本で12L×2本 24L 2ヶ月未満 2ヶ月以上で1,000円/月

この記事のまとめ

  • アルピナウォーター、アクアクララには購入ノルマなし
  • 当然ながら、水道直結型のウォータースタンドも「購入ノルマ」はない
  • 配送スキップもできるので、あまり「購入ノルマ」を怖がりすぎなくてもよい

関連記事

ウォーターサーバー10社の解約金&最低利用期間を比較

ウォーターサーバーの導入を考えたとき気になるのが契約期間中に解約した場合にかかる解約金。

ウォーターサーバーの1ヶ月の電気代比較&比較のときに注目すべき点

「ウォーターサーバーの電気代は1ヵ月どのくらいかかるの?」「

サイズで比較するウォーターサーバー|設置タイプ別のおすすめも紹介

「ウォーターサーバーに興味があるけど、置けるかな…」「

高齢者向けのおすすめのウォーターサーバーを比較|健康生活のために

「両親の健康のために、ウォーターサーバーを使いたい」「

ウォーターサーバーはデザインが命!各社のおしゃれサーバーを全方…

値段・使い勝手・水の種類…。 ウォーターサーバー選びのポイントはいろいろありますが、実は「…