注文ノルマなしのウォーターサーバーは6社!費用や特徴を比較

更新日時
ノルマを気にしたくない人のためのウォーターサーバーを比較

本記事は、ミズコムと提携する企業のPR情報が含まれます。
広告収益がどの商品・サービスを掲載するか、また商品・サービスをどこに掲載するかに影響を与える可能性はありますが、商品・サービスの評価や記事の内容等の情報はミズコムが独自に評価し記載しています。

ウォーターサーバーには、購入ノルマがあるって聞いたんだけど…
自分のペースで自由に注文することはできないの?

ウォーターサーバーのことを調べ始め「購入ノルマ」の存在を知ると、不安になりますよね。

そんな方のために「ノルマ自体がない」「水道水を使うからボトル交換・保管不要」なウォーターサーバーをご紹介します。

ノルマに対して不安を感じている人は、この記事をぜひチェックしておきましょう。

ウォーターサーバーのノルマとは?

ウォーターサーバーの利用規約にある購入ノルマとは、一定期間に注文しなければならない購入本数のことを指します。

メーカーによって利用規約は異なるため、購入ノルマの期間と本数ルールはまちまちです。

1ヶ月に2本としているメーカーもあれば、1ヶ月に3本としているメーカーもあります。

お水を飲む量が一定ではない方一人暮らしの方は、以下のことを避けるためにも、購入ノルマをよく確認しておいた方が良いでしょう。

  • 購入ノルマに対してお水が飲みきれず、お部屋にボトルがたまってしまう
  • 購入ノルマを守れず、お水を利用していないのに手数料を支払うことになる

まずは、購入ノルマにあたるメーカーの2つのルールについて具体的に解説します。

配送休止手数料

ウォーターサーバーの利用規約には、ボトルのお届けの周期が決められています。

ボトルの配送はメーカーのお届けの周期によって1ヶ月に12Lボトルを2本お届けのように配送サイクルが回っていきます。

日時については、アプリやマイページで変更することが可能です。

しかし、前回配送予定日から◯日以上配送を休止するといった場合に休止事務手数料がかかるメーカーがあります

また、注意したいポイントとしてはレンタル料やサポート料が発生するウォーターサーバーを利用しているの場合、休止期間中もレンタル料やサポート料が発生するということです。

最低注文数

ウォーターサーバーのメーカーは1回の配送本数、いわゆる最低注文本数を設定しています。

1度に◯本を配送、◯日間隔で◯本配送とルールを設けているメーカーがあります。

一度にたくさんボトルが配送されると部屋にボトルを保管しておく必要があります。

消費するスピードによっては、ボトルがお部屋を圧迫することにもつながりますので、配送サイクルと消費ペースのあったメーカーを選ぶ必要があります。

「ノルマやボトル保管についていちいち気にするのはいや」
「ウォーターサーバーのノルマがないメーカーを選びたい!」

という方向けにここからは注文ノルマのないメーカーを紹介していきます。

購入ノルマなしのウォーターサーバー比較

メーカー/機種
商品画像
水代(12L利用時)
レンタル料・サポート料/月
電気代/月
想定月額料金(12L利用時)
詳細
エブリィフレシャス
mini
エブリィフレシャス
0
3,300
410
3,710
ハミングウォーター
flows
ハミングウォーター
0
3,300
475
3,775
アルピナウォーター
エコサーバー
エコサーバー
1,242
959
レンタル代(設置月は無料)
537
2,738
アルピナウォーター
スタンダードサーバー
スタンダードサーバー
1,134
629
レンタル代(設置月は無料)
926
2,689
アクアクララ
アクアファブ
アクアファブ
1,404
1,430
サポート料
741
3,575
アクアクララ
アクアスリム
1,404
1,100
サポート料
648
3,152
シンプルウォーター
シンプルウォーター
1,620
0
初回購入費15,180円
360
1,980安い
※この表の金額はすべて税込です
※水道直結型なので水道代が費用としてかかるだけです

ノルマなしのウォーターサーバーを使いやすさや料金についても比較している記事もチェックしてみてくださいね。

エブリィフレシャス mini

エブリィフレシャスイメージ画像


エブリィフレシャスは水道水を注いで浄水して使う水道水浄水サーバーです。

そのため、ボトルを注文する必要はありません。購入ノルマはなく、月額料金は定額制で3,300円となっています。

サーバーは卓上型と床置き型から選ぶことができ、卓上型は省スペースでキッチン周りやデスクの上に設置でき、場所を選びません。

購入ノルマやボトル保管が不安な方におすすめのサーバーです。

レンタル料(月額) 3,300円(税込)
サイズ(幅×奥×高さ) 25cm×29.5cm×47cm
重量 8.3kg
エコモード
消費電力 加熱 200W
冷却 100W

ハミングウォーター

ハミングウォーター


ハミングウォーターも水道水を使う水道水浄水サーバーです。

見た目はスタイリッシュな上に横幅は26cmとスリムなサーバーです。

重たいボトルの配送や取り替えの手間がなく、水道水を注ぐだけで冷たいお水やお湯をすぐに使うことができます。

宅配水サーバーにはあまりついていない常温水機能もあり、料理や薬を飲むときなど様々な場面で活躍します。

レンタル料(月額) 3,300円(税込)
サイズ(幅×奥×高さ) 26cm×37cm×120cm
重量 20kg
エコモード
消費電力 加熱 350W
冷却 85W

アルピナウォーター|エコサーバー

リビングに設置されてあるアルピナウォーターエコサーバー

(出典:アルピナウォーター)

アルピナウォーターには、毎月の購入ノルマはありません。「水が必要になったら注文する」というシステムなので、注文しない月があっても大丈夫。

ちなみに最低発送本数は、12Lボトル3本以上(1~2本での注文は不可)。1人暮らしだと「多いな…」と思ってしまうかもしれませんが、アルピナウォーターの賞味期限は未開封で1年なので、大きな問題ではないでしょう。

アルピナウォーターのサーバーには「スタンダードサーバー」と「エコサーバー」の2機種がありますが(スタンダードには卓上型もあり)、エコサーバーにはダブルチャイルドロック温水循環によるクリーニング機能エコモードなどを採用。

エコサーバーは月額レンタル料が959円(税込)かかり、スタンダードサーバーよりも300円ほど高いのですが、機能やランニングコストを考えると、エコサーバーの方がおすすめです。

レンタル料(月額) 959円(税込)※設置月はサービス
サイズ(幅×奥×高さ) 31cm×33cm×125cm(12Lボトルをセットした高さ)
重量 17kg
エコモード
消費電力 加熱 260W(CLEANモード180W)
冷却 95W

アクアクララ|アクアファブ

白のテーブルとイス額縁がある部屋に設置されてある アクアクララアクアファブ

(出典:アクアクララ)

アクアクララも注文ノルマがなく「必要なときに注文する」というシステムです。

ボトルの最低発送本数は、12Lのレギュラーボトルで2本以上。7Lのスリムボトルの場合は3本以上となっています。1人暮らしの人は抵抗を感じるかもしれませんが、賞味期限は未開封で6ヶ月なので大きな問題ではないでしょう。

アクアファブは、アクアクララの中でもっともデザイン性の高いサーバーで、リターナブルとしては珍しいボトルカバーを採用しています。

ボトルが外側から見えないのでスタイリッシュで、インテリアとしても最適グッドデザイン賞も受賞しています。「ノルマなし」で、こんなにおしゃれなサーバーを使えるというのはうれしいですよね。

レンタル料(月額) 0円
※2年割プランの場合適応
※別途安心サポート料1,430円(税込)がかかります
サイズ(幅×奥×高さ) 28.6cm×35cm×132cm(12Lボトルをセットした高さ)
重量 16kg(ボトルカバーを含む)
エコモード ×
消費電力 加熱 465W
冷却 105W

シンプルウォーター|エコパックサーバー

シンプルウォーター正面の写真

シンプルウォーターも飲みたい時に必要なだけのお水を注文するシステムで、ノルマはありません。

6Lの水のパック3つ入って1箱で、1箱から注文が可能です。

6Lの水パックなので、1人暮らしの人には12Lの水ボトルを使用している機種よりも飲み切りやすく、適した容量です。

また、4.2kgと軽量のサーバーなので置く場所を移動したい人にも便利です。

価格がお手頃で、機能もシンプルなので、お手軽にウォーターサーバーを利用したい人におすすめです。

 

レンタル料(月額) 0円 ※初回購入費15,180円(税込)
サイズ(幅×奥×高さ) 30cm×32cm×57cm
重量 4.2kg
エコモード ×
消費電力 加熱 450W
冷却 70W

ウォータースタンド|アイコン

アイコンの設置イメージ

(出典:ウォータースタンド)

「ノルマなし」という観点でいえば、水道直結型のウォーターサーバーも当てはまります。

水道直結型は、文字どおり「水道につなぎ、浄水する」ことで利用するサーバー。ボトルに入った水を購入するわけではないので、当然ながら「購入ノルマ」はありません。

支払うお金は、基本的に毎月のサーバーレンタル料のみ。アイコンの場合、月額4,400円かかりますが、「水の使用量にかかわらず毎月定額」というのはうれしいですよね。

また水道直結型は、ボトル交換の手間がない、ボトルの保管スペースが必要ないといったメリットもあります。

アイコンは、ウォータースタンドの中でもっともスタンダードな機能をもつサーバー。温水・冷水の他に常温水を出すこともできます。

レンタル料(月額) 4,400円(税込)
サイズ(幅×奥×高さ) 18cm×34cm×38.5cm
重量 7.6kg
エコモード
消費電力 加熱 1460W
冷却 100W

購入ノルマなしのメリット・デメリット

購入ノルマなしのメリット

  • 自分のペースで注文できる

定期的に水が配送されるというのは、本来とてもありがたいシステムです。いちいち注文する手間がないので、忙しい人や忘れっぽい人にとっては非常に便利ですよね。

しかし、1人暮らしなど水の消費量が少ない場合、定期便に対してはちょっと身構えてしまいます。「自分のペースで自由に注文したいのになぁ」と思う人も多いのではないでしょうか。

購入ノルマなしのウォーターサーバーなら、そんなモヤモヤとは無縁です。

  • 飲まないときは費用が抑えられる

購入ノルマがある場合、まだ水を使い切っていなくても定期的に水が届きます。つまり、水の代金が発生します。

一方、購入ノルマがなければ「必要ないときは水を買わない」わけですから、水の代金が発生しません。費用を抑えられるというのは、ノルマなしウォーターサーバーの大きなメリットといえるでしょう。

ただし、水をいっさい注文しなくても、サーバーのレンタル料やサポート料なども無料になるわけではないので、その点は注意が必要です。

購入ノルマなしのデメリット

  • 選べるウォーターサーバーの種類が少ない

「購入ノルマなし」というシステムを採用しているウォーターサーバー会社は少数派です。

つまり、「購入ノルマなし」という条件が絶対に譲れないのなら、それだけ選択肢も狭まるということ。

デザイン的にどうしてもこのサーバーがいい!」といった希望があるのなら、ノルマなしという条件を外してみるなどの検討が必要です。

  • 水を使わなくてもレンタル料はかかる

水を使わなくてもウォーターサーバーはレンタルし続けているのですから、レンタル料は継続的に支払う必要があります。

水は使ってないのに…」という不満もあるかもしれませんが、サーバーは「購入」ではなく「レンタル」して使う場合がほとんどなので、これは致し方ないこと。割り切って使うようにしましょう。

  • 水を注文する手間がある

「自分のペースで自由に注文できる」というのは、裏を返せば「注文しなければ何も届かない」ということ。

毎月いちいち注文をするのは面倒、と感じる人も多いことでしょう。定期配送を不安に思う気持ちもわかりますが、「その都度注文する手間」についても考えて選ぶことが大切です。

購入ノルマがあっても「配送スキップ」は可能

「購入ノルマ」という言葉にインパクトがあるため、怖がる方も多いかと思いますが、実はそれほど怖がらなくても大丈夫です。というのも、「今月は水を使う量が少なくて余ってるな」と思ったら、来月の配送を一回お休みにすればいいだけ。

ほとんどのウォーターサーバー会社では、配送スキップに対応しています。

下の画像のとおり、無料でスキップできるのは1ヶ月のみ(2ヶ月連続でスキップする場合は休止料が必要)、というルールがあることも多いのですが、多くの場合、2ヶ月も時間をかければ水を消費できるはず。

ウォーターサーバーのボトル配送スキップの説明

ウォーターワンのように「無料で2ヶ月連続スキップも可能」としているウォーターサーバー会社もあるので、あまり「購入ノルマ」という言葉を怖がりすぎなくてもよいでしょう

「配送スキップ」のあるウォーターサーバー会社比較

メーカー 一回あたりの配送量 1ヶ月当たりに換算 配送停止無料期間 配送停止無料期間を超えて発生する料金
フレシャスフレシャスのウォーターサーバーが並んでいる写真 7.2Lパック×4パック 14.4L 2ヶ月未満 2ヶ月以上で1,100円(税込)/月
コスモウォーターコスモウォーターのウォーターサーバーが並んでいる写真 月2本で12L×2本 24L 2ヶ月未満 2ヶ月以上で880円/月
プレミアムウォータープレミアムウォーター 月2本で12L×2本 24L 60日未満 60日以上880円
90日経過後880円
120日経過後で強制解約
ウォーターワンウォーターワンのウォーターサーバーが並んでいる写真 月2本で6L×2本
月2本で12L×2本
(水によって異なる)
12L/24L(水によって異なる) 2ヶ月未満 2ヶ月以上で1,100円/月
サントリーサントリーのウォーターサーバーが並んでいる写真 月3箱で7.8L×3箱 23.4L 2ヶ月未満 2ヶ月以上で1,100円/月
クリクラクリクラのウォーターサーバーが並んでいる写真 月2本で6L×2本
月2本で12L×2本
(ボトルによって異なる)
12L/24L(ボトルによって異なる) 45日未満 0円
ワンウェイウォーターワンウェイウォーターのウォーターサーバーが並んでいる写真 月2本で12L×2本 24L 2ヶ月未満 2ヶ月以上で880円/月

この表の金額はすべて税込です。

この記事のまとめ

  • アルピナウォーター、アクアクララには購入ノルマなし
  • 当然ながら、水道直結型のウォータースタンドも「購入ノルマ」はない
  • 配送スキップもできるので、あまり「購入ノルマ」を怖がりすぎなくてもよい
【2024年6月最新版】ウォーターサーバーお得なキャンペーン9社を徹底比較

【2024年6月最新版】ウォーターサーバーお得なキャンペーン9社を徹…

「ウォーターサーバーをキャンペーンでお得に契約できないかな?」「キャ…
もっと見る
比較
法人・オフィス向けウォーターサーバーのコストは?おすすめ10社を比較

法人・オフィス向けウォーターサーバーのコストは?おすすめ10社を…

ウォーターサーバーは、企業や個人事業主向けの法人プランでお得に契約することも…
もっと見る
比較
【2024年6月最新版】ウォーターサーバー乗り換えキャンペーンを徹底比較

【2024年6月最新版】ウォーターサーバー乗り換えキャンペーンを徹底…

現在ウォーターサーバーを使っているものの、使い勝手や値段に不満があり「こん…
もっと見る
比較
【6月最新】無料お試しキャンペーンがあるウォーターサーバー3選

【6月最新】無料お試しキャンペーンがあるウォーターサーバー3選

「ウォーターサーバーが気になるけど、そもそも自宅に本当に必要なのかな?」
もっと見る
比較
水道水の浄水型ウォーターサーバーおすすめ8選を安い順に紹介!編集部が徹底比較

水道水の浄水型ウォーターサーバーおすすめ8選を安い順に紹介!編集…

水道水浄水型のウォーターサーバーの最大の魅力は、どれだけたくさんお水を使って…
もっと見る
比較