ワンウェイ?リターナブル?ガロンボトル?ウォーターサーバーのボトル比較

回収する?しない?あなたに合うボトルはこれ!

ウォーターサーバーというと「水の入った大きなボトルが届く」というイメージがありますよね。

そのボトル、大きく分けて2種類あることを知っていますか?ウォーターサーバー業界で「リターナブル」「ワンウェイ」と呼ばれるもので、使い勝手に大きな違いがあります。

これもウォーターサーバー選びにおける必須知識なので、ぜひ覚えておきましょう。

ボトルの大きさや選び方とは?

リターナブル ワンウェイ
アルピナウォーターのリターナブルボトル

出典:アルピナウォーター

プレミアムウォータのワンウェイボトル

出典:プレミアムウォーター

  • ポリカーボネート製の硬質ボトルが主流
  • 空のボトルは回収し、洗浄・殺菌されて何度も使用する
  • サーバー会社の自社スタッフによって配達される
  • RO水が多い
  • ペットボトルと同じ樹脂で、つぶすことができる
  • 空の容器はペットボトルと同様の資源ごみとして処理できる
  • 宅配便の業者が配達する
  • 天然水が多い

回収式のリターナブルボトル(ガロンボトル)

ウォーターサーバーのボトルには「リターナブル」と「ワンウェイ」の2タイプがあります。リターナブルボトルは、通称ガロンボトルと呼ばれ、水を使い終わったらボトルが回収されます。

工場で洗浄・殺菌・消毒をし、水が再充填されて何度も使われる地球環境に優しいボトルです。1本12Lが主流ですが、6~8Lタイプのものもあります。

リターナブルボトルは硬い材質なので水を使っても凹まず、ボトルにボコボコと空気が入ります。

また、リターナブルボトルは空ボトルを回収日まで保管しなくてはいけないので、一人暮らしなどで部屋が狭い場合など、保管場所に困ることがある点がデメリットです。

使い終わったら捨てるワンウェイボトル(ペットボトル)

リターナブルボトルと違いワンウェイボトルは、空になったボトルをペットボトル資源として居住地のルールで処分できます。回収不要なので空になったボトルの保管場所に困りません。

また、素材が柔らかいので使った分だけ収縮していく(ボコボコと空気が入らない)のも特徴の一つです。処分する際に小さくできるので、資源ごみとして捨てやすいのはメリット。

水が空気に触れにくいので、水の鮮度も保たれやすいといえるでしょう。

リターナブルのメリットは3つ

2種類のボトルを見て「ワンウェイの方が便利そうでいいな」と思う人が多いかもしれません。

しかし、リターナブルにはワンウェイにないメリットもあります。具体的にどんな部分が優れているのか、3つのポイントを紹介しましょう。

1.水の料金が安い

リターナブル式で提供される水は、RO膜という特殊な膜でろ過してつくられたRO水です。原水には水道水を使用しているところが多いので、天然水に比べると価格がやや安めの傾向があります。

コスパを重視している人にとっては、リターナブルは魅力といえるでしょう。天然水・RO水の詳しい特徴についてはこちらの記事でも解説しています。

2.宅配業者ではなく専門スタッフが配送

ヤマト運輸や佐川急便などの宅配業者ではなく、サーバー会社のスタッフが水を届ける場合が多いので、宅配時に水やサーバーについて質問できるのがメリットです。

困ったことがあったときに電話で相談するより、直接専門スタッフに聞く方がわかりやすいですよね。

故障の際などは、もちろん各メーカーが対応してくれますが、配送で定期的に専門スタッフが自宅を訪問してくれるのは、利用者にとって心強いでしょう。

3.配送時に細やかな配慮をしてもらえることも

宅配業者による配送の場合、不在時には水を持ち帰ってしまうので再配達の手続きをしなくてはなりません。

しかしリターナブルは自社スタッフによる配送なので、ユーザーが希望すれば不在時にもボトルを指定した場所や専用ボックスに置いてくれるサービスもあります。

また「災害時にもリターナブルのサーバー会社は配送を続けることができた」という例もあり、自社で配送手段をもっているのは強みといえるでしょう。

ワンウェイのメリットは4つ

一方、ワンウェイの魅力はどんなところでしょうか。すでに解説している部分も含め、4つのメリットを紹介します。

1.空きボトルを保管しなくていい

ワンウェイ式は、リターナブル式とは違い回収不要です。ペットボトル資源として居住地のルールで処分することができるので、空ボトルが部屋のスペースを占有することもありません。

ボトルも柔らかい素材でできているので、女性でも簡単に小さくすることができ資源ごみとして捨てやすくなります。一人暮らしなどで部屋が狭い場合でも保管場所に困る心配がありません。

保管スペースがあったとしても、空ボトルを置いておくより、その空間を有効活用した方がいいですよね。

2.下置きサーバーもある

リターナブル式の場合ボトルの設置位置がサーバーの上部にあるので、重たいボトルをサーバーの上まで持ち上げてセットしなくてはなりません。

しかし、ワンウェイ式にはサーバー下部にボトルをセットする下置きサーバーもあります。

力の弱い人や高齢者にとって重たい水を持ち上げるのは大変な作業ですが、下置きサーバーであれば簡単に水の交換ができます。

また、下置きサーバーは水が外から見えないので、サーバーをインテリアにすることもできますよね。

3.ボトルの中に空気が入りにくい

ワンウェイ式はリターナブル式と違い、容器が柔らかい素材でできており、水を使うとボトルが収縮します。

外気が入りにくいので鮮度が失われず、汲みたての水を味わえます。外気に触れにくいので、基本的には水の賞味期限もリターナブル式より長くなっています。

4.サーバーのラインナップが多い

ウォーターサーバーのボトルは長い間リターナブル式が主流でしたが、その利便性などからワンウェイ式もシェアを拡大し、現在では勢力が二分しています。

そのせいか、各社ともワンウェイ式のサーバーのラインナップを拡充中です。

デザイン性に優れたオシャレなサーバーが欲しいなどサーバーをこだわって選びたい人にとって、ラインナップが充実していることは大きなメリットですよね。

自分に適したサーバーでさらにボトルの利便性も高いとなれば、ウォーターサーバーを使う機会も増えるでしょう。

【関連記事】
ウォーターサーバー10社の比較ランキング|失敗談から学ぶ賢い選び方

ボトルの宅配サイクルと消費量のペースには気をつけよう

水の消費量と宅配されるペースが合っていないと、水がどんどんたまっていき保管場所にも困ることになります。

まずは自分の消費量を把握することが大切です。月々の購入ノルマがなく、必要に応じて水を注文できるところもあるのでチェックしておきましょう。

配送も9時~18時までしか対応してくれないところもあれば、早朝や夜遅くまで配達してくれるところもあるので、しっかり調べることが大切です。

編集部おすすめ!ワンウェイボトルのウォーターサーバー2選

では、ワンウェイボトル対応のウォーターサーバーのおすすめを紹介していきます。

パック式で後処理が簡単!フレシャス

『フレシャス dweo』の公式サイトのTOPの引用画像

出典:フレシャス

     
  1. 7.2Lの使い捨て軽量パック(フレシャス dewo)
  2. プロダクトデザイナー安積伸プロデュースのデザイン(フレシャス dewo)
  3. 3種類の天然水から選ぶことができる

フレシャスデュオは、世界的なプロダクトデザイナー、安積伸氏プロデュースの、グッドデザイン賞を受賞したサーバーです。

7.2Lの使い捨て軽量パックで交換がラクです。

使い捨てなので、空きボトルが居住空間を圧迫することがありません。一人暮らしなどで部屋が狭い人は助かりますよね。空きボトルを保管しておく必要がないので、サーバーの周囲もスッキリとします。

水を使えば使った分だけボトルが収縮する柔らかい素材でできているので、小さく畳むことができごみのかさも少なくて済みます。また、水は3種類の天然水から好みに合わせて選ぶことができます。

非加熱天然水のプレミアムウォーター

『PREMIUM WATER』の公式サイトのTOPの引用画像

出典:プレミアムウォーター

     
  1. ブランドとのコラボモデルなど豊富なラインナップ
  2. おいしさにこだわった「非加熱処理」
  3. 5ヵ所の採水地から選べる

プレミアムウォーターは天然水本来のおいしさにこだわり、「非加熱処理」を行っています。

サーバーはスタンダードなものから、家電ブランドamadanaやcadoとのコラボモデルなどの豊富なラインナップがあります。

ボトルが下置きタイプのモデルもあり、機能性とデザイン性を兼ね備えたサーバーです。

ワンウェイタイプは、ボトルをサーバーの中にセットする構造かまたはボトルにカバーが付いていたりします。

外からボトルが見えないので「ザ・家電」といった雰囲気になりづらく、オシャレな部屋にもピッタリ。

スタイリッシュなサーバーがインテリアとしてあなたの部屋に華やかさを添えるでしょう。来客時にもリビングに置いてあると目を引きますね。

編集部おすすめ!リターナブルボトルのウォーターサーバー2選

コスパや配送スタッフとのコミュニケーションを重視したい人にとっては、リターナブルも魅力的。編集部おすすめは以下のサーバーです。

赤ちゃんにも最適!アルピナウォーター

『アルピナウォーター』の公式サイトのTOPの引用画像

出典:アルピナウォーター

     
  1. 限りなく純水に近いピュアウォーター
  2. 水道水ではなく、天然水由来のRO水
  3. エコサーバーあり

ほとんどのRO水は、ろ過後の水(不純物がほとんど含まれていないピュアウォーター)に味を調えるためミネラルを添加しています。

しかしアルピナウォーターは、あえてピュアウォーターのままユーザーに提供。クセがなくミネラル分が含まれていないため、メーカーによると赤ちゃんのミルクにも適しているとのこと。

またアルピナウォーターは水道水由来ではなく、北アルプスの天然水を原水としているのも特徴です。床置き型、卓上型のサーバーがあるほか、エコモードを搭載したエコサーバーもラインナップ。

購入ノルマなし!アクアクララ

『アクアクララ』の公式サイトのTOPの引用画像

出典:アクアクララ

     
  1. 必要な分だけ注文できる
  2. 月々に必要なのは「あんしんサポート料」と注文した水代のみ
  3. スタイリッシュなデザインサーバーあり

アクアクララの特徴は、いわゆる「購入ノルマ」がないこと。一定量を購入し続ける必要がなく、欲しいときに欲しい分だけの注文でOKです。

料金体系は、注文した水代+月々の「あんしんサポート料」のみというシンプルなものになっており、追加料金なしで定期的なメンテナンスや故障対応などのサービスを受けることができます。

リターナブルとしては珍しく、スタイリッシュなデザインサーバー(アクアファブ)がラインナップしているのもアクアクララの特徴です。

【関連記事】
ウォーターサーバー10社の比較ランキング|失敗談から学ぶ賢い選び方

この記事のまとめ

  • ワンウェイは空ボトルを小さく畳め、資源ごみとして処理できるので利便性が高い
  • リターナブルはコスパが良く、専門スタッフによる配送なので安心
  • どちらにも一長一短があるので、ライフスタイルや好みに合わせて選ぼう

関連記事

ウォーターサーバーのメリットとデメリットは?向いているのはこん…

「そもそもウォーターサーバーって何がメリットなの?」「興味はあるけど…

ウォーターサーバーの仕組み・構造を解説|冷水と温水がいつでも快…

「ウォーターサーバーってどんな仕組み…

天然水とRO水の違いを6項目で比較!赤ちゃんに最適なのはどっち?

ウォーターサーバーについて調べ始めると、サーバー会社によって取り扱っている水が違っており、大きく…

ウォーターサーバーの衛生面は大丈夫?自分でできるメンテナンスとは

「実はウォーターサーバーって、衛生面ヤバいらしいよ?」 そん…

ウォーターサーバーの水は安全?放射性物質は?各社の安全対策

ウォーターサーバー導入を考えている人は「安全性」や「放射性物質」という言葉に特に敏感になっている…