シンプルウォーターのエコパックサーバーを使ってみてわかったこと

更新

シンプルウォーターと女性

シンプルウォーターは、名前の通り、とにかく「シンプル」なウォーターサーバーです。

本体を購入すれば、毎月かかるのは水代だけで注文ノルマなしという料金体系。
そして、機能と使い勝手もまさにシンプルで、わかりやすいのが特徴です。

どのくらいシンプルなのか、ミズコム編集部で実際にサーバーをお借りして使ってみました。
使ってみてわかったことなど、正直な感想をお届けします。

シンプルウォーターとは?

シンプルウォーターのロゴ

シンプルウォーターの特徴

シンプルウォーターは、富士鳴沢の天然水パックを提供するメーカー。
本体購入タイプのウォーターサーバーで、料金体系がわかりやすいのが特徴です。

月々の料金は水代のみ。注文ノルマがなく、配送のキャンセルに制限がないため自分のペースで注文が可能です。

シンプルウォーターの製品はエコパックサーバーのみ

ラインナップは、卓上のエコパックサーバー1種類のみ。

機能は、「冷水と温水が使える」のみと、スーパーシンプル構造です。

とはいえ、チャイルドロックや除菌システムを搭載しているなど、安全と衛生面にも配慮されています。

シンプルウォーター正面の写真

シンプルウォーターの「エコパックサーバー」を実際に使ってみた

見た目/デザイン

色はホワイトのみで、外見の仕様は、給水口とトレイ、ランプという必要最低限の作りです。

余計なデザインがないので、どんな雰囲気の部屋にも合わせやすそうな印象。

シンプルウォーターの斜めからの写真

サイズ

(出典:シンプルウォーター

卓上タイプのコンパクト設計です。
特に、わずか4.2kgと軽量なのがポイント。

実際にミズコム編集部でも、移動する際に何度か持ち上げましたが、1人でも問題ない重さでした。

これほど軽量だと、設置場所をキッチンから寝室へ移動するといった使い方もできます。
卓上のウォーターサーバーのなかでは、重さは最軽量クラスです。

シンプルウォーターの水を注ぐ様子

使いやすさ(ボタン、パック交換方法など)

給水

シンプルウォーターの水を注いでいる様子

給水はコック式で、青が冷水、赤が温水です。

レバーは、押した感触は少し緩めだったので、コップをしっかりとあてる必要がありそうです。
水は、比較的ゆっくりと出てくる印象。

チャイルドロック

シンプルウォーターのお湯を利用する様子

温水を使うときは、赤いボタンを押しながらレバーにコップを当てます
ボタンを押している間だけ温水が出る仕組みです。

水のセット方法

水のセットは、少しコツがいるので詳しく紹介します。

本体の上部に水パックをセットして使います。
シンプルウォーターは、6.2Lのパックが1箱に3つ入って届くので、一つを取り出して準備します。

シンプルウォーターのパックを設置する箇所

サーバー上部のフタを開けると、へこんだスペースがあります。
中央下部には針があり、パックがこの針に刺さって水がタンク内にたまるという仕組みです。

パックを、つなぎ目が上になるようにセットします。

次に本体上部にある左右のレバーを手前に引くと、ガチャンという音が鳴り、パックに針が刺さります。

しかし、この後なかなか水が出なかったので取扱説明書を見たところ、「両手でパックの左右を強く押し込む」と書いてありました。

シンプルウォーターのパックを押す様子

実際にやってみると、無事に水が出ました!

パックが軽いので、水のセットにはストレスがほぼありませんでした。
最後にパックを押す、ということがコツです。

使用時の注意点

初回使用時は準備時間がかかる

シンプルウォーターのランプ

本体正面にあるランプ2つは、上が温水ランプで、下が冷水ランプです。

黄色は準備中で、温水は赤になると使用可能で、冷水は青になると冷えた状態の水が使えます。

初回は、内臓の冷却タンクも冷やさなければならないので、冷水を使うのに約40分かかるよう。

設置後の通常使用中は、青ランプ点灯まで10分程度ということです。

 

このサーバーは「ペルチェ冷却装置」を採用していて、急激な冷却はできないけれど、省電力で冷却時の音が小さいというメリットがあるようです。

連続注水はできるが、やけどに注意

コックを上にした状態で使うと、連続して注水できる機能があります。

実際に使ってみたところ、コックを下に戻すと水と温水ともに止まる仕様でした。

しかし、コックを戻す時にどうしてもコックに水が当たってしまい、周囲が汚れるという事態に。
とくに温水は、コックを戻す時に手にお湯が当たってしまう可能性が高かったです。

 

温水を連続で使いたいなら、コックを戻すのは手ではなく箸など長さがある道具を使うといいかもしれません。

実際にシンプルウォーターのエコパックサーバーを使ってみてわかったこと

エコパックサーバーのメリット、デメリット

メリット⑴卓上タイプであまり場所をとらない

キッチンカウンターやテーブルなど、省スペースで設置できます。
また、本体が軽いので移動もしやすいのがメリットでしょう。

メリット⑵パックタイプなので交換が楽にできる

シンプルウォーターのパックを交換する様子

水パックが6.2Lと軽いので、交換がとてもラクでした。
また、パック使用後は収縮して、不燃ごみとして処分ができるという手軽さがあります。

デメリット:デザイン性

シンプルウォーター正面の写真

シンプルなデザインでどんな雰囲気の部屋にも合わせやすいものの、インテリアの主役となるようなデザイン性の高さはないと言えます。

一般のウォーターサーバーとの違い

一番の違いは、「とにかく余分なものを排除し、料金や機能などすべてがわかりやすいサーバー」ということです。

そして、本体の軽さが他のウォーターサーバーと比べても際立っています。
季節や時間で使用場面を変えたい人には良さそうです。

シンプルウォーターの料金詳細

表内の価格は全て税抜価格となっております。

料金詳細
初期費用 今なら0円
(キャンペーン無しだと9,800円でサーバー買取)
月額費用 2人(18L)→2,250円
3人以上(36L)→4,500円
500mlあたりの費用 63円
1パックあたりの費用 750円

シンプルウォーター公式サイトへ

シンプルウォーターの製品はどんな人に向いている?

  

必要以上の機能はいらない人

   

シンプルウォーターのサーバーの機能は、「冷水と温水が使える」のみ。
最低限の機能で、安く手軽に使いたい」という人には合いそうです。

  

ボトルの出し入れに負荷をかけたくない

ウォーターサーバーの主流は12Lのボトル。
シンプルウォーターは6.2Lの水パックと約半分の重さなので、水交換の際の負担は少ないでしょう。

  

育児中でも使いやすいウォーターサーバーを探している

使い方がわかりやすいので、ミルク作りでお湯を使うときも迷いなく操作できます。
卓上なので、高い位置に置けば子供の手が届きにくくなり、いたずら防止になるのも良い点でしょう。

シンプルウォーターのキャンペーン

 

ウォーターサーバー無料プレゼント

  • 今だけオープン記念キャンペーン
  • ウォーターサーバー 10,780円(税込)を無料プレゼント
条件
  • 2020年5月31日まで
  • お申し込みから解約までの注文箱数が12箱以下の場合は、ウォーターサーバー代金の半額の支払いが必要
 

子育て応援プラン

家族で水を飲んでいる様子
  • お水を1割引きで提供してもらえる
  • 子供の誕生月にプレゼントをもらえる
条件
  • 満5歳以下の子供がいる家庭
  • 誕生月プレゼントは契約から1年以上経過したらもらえる

シンプルウォーター公式サイトへ

この記事のまとめ

  • シンプルウォーターは、料金と使い方がとにかくシンプルでわかりやすい
  • 購入すれば水代だけで使え、ノルマなしという明朗会計
  • 冷水と温水が使えるだけでいい!という人には合うサーバー