ウォーターサーバー10社の解約金&最低利用期間を比較

更新

ウォーターサーバーの導入を考えたとき気になるのが契約期間中に解約した場合にかかる解約金。

解約のときお金がかかると気軽に契約できないな...
ウォーターサーバーの解約金はいくらくらいするの?

思ったほど使わない、引っ越すかもしれないなどの理由で解約する可能性があるなら最初が肝心です。事前にきちんと調べず契約すると「こんなに解約金がかかるの...?」と後悔してしまうこともあります。

この記事では、ウォーターサーバーを解約することになった場合に発生する解約金と最低でどのくらい利用する必要があるのかを会社別に比較しています。

当サイトの価格表記は、すべて税抜きです。

ウォーターサーバーの解約金&最低利用期間を比較

ウォーターサーバーは契約期間内に解約すると手数料(解約金)が発生してしまいます。

予想外の金額を支払うことにならないよう、各社の解約金最低どのくらいの期間利用しなければいけないのかを把握しておきましょう。

メーカー/機種 解約金 詳細
フレシャスフレシャスのウォーターサーバーが並んでいる写真 15,000円 利用1年以内の解約
9,000円 1年経過後、2年以内の解約
プレミアムウォーター プレミアムウォーターのウォーターサーバーが並んでいる写真 10,000円 2年契約を2年以内で解約
15,000円 3年契約を3年以内で解約
20,000円 マムクラブ3年以内で解約
※マムクラブは子育て家庭向けの契約プラン
コスモウォーターコスモウォーターのウォーターサーバーが並んでいる写真 9,000円 利用2年以内の解約
サントリーサントリー天然水のウォーターサーバーが並んでいる写真 15,000円 利用1年以内の解約
9,000円 利用1年経過後2年以内の解約
信濃湧水信濃湧水のウォーターサーバーの写真 10,000円 利用1年以内の解約
ワンウェイウォーターワンウェイウォーターのウォーターサーバーが並んでいる写真 14,000円 利用2年以内の解約
5,000円 利用1年以内の解約
ウォータースタンドウォータースタンドのウォーターサーバーの写真 10,000円 利用1年以内の解約
アルピナウォーターアルピナウォーターのウォーターサーバーの写真 10,000円 関東地域で利用1年以内の解約
5,000円 関東以外の地域で利用1年以内の解約
アクアクララアクアクララのウォーターサーバーが並んでいる写真 3,000円 利用1年以内の解約
クリクラクリクラのウォーターサーバーが並んでいる写真 0円

解約金なしのウォーターサーバーはクリクラ

比較表に記載しているとおり、クリクラは業界でも珍しい「解約金なし」のウォーターサーバー。「解約したいときお金がかかるのは嫌だな…」という人にとっては気軽に申し込めるのがいいですね。

さらにサーバー本体のレンタル料や配送料金も無料。実際にかかる費用は水代とあんしんサポートパック代だけなので月額費用も抑えられます。

※あんしんサポートパックとは、故障時の無償対応や年1回のサーバーメンテンスなどが含まれたサービスです。

解約金だけで判断するのはNG! おすすめウォーターサーバー3社

ウォーターサーバーの導入を考える際、解約金がかかるかどうかは大きな判断ポイントになりますね。しかし解約金ばかりに着目して選んではいけません。

使ってみたら自分には合わなかったといったことがないように、月額のトータルコストや使いやすさなども見ておくべきです。

この記事では「じゃあどのウォーターサーバーがいいの?」という疑問にお答えするために、編集部おすすめのウォーターサーバー3社をご紹介します。

プレミアムウォーター スリムサーバーIIIロング

リビングに設置されてあるプレミアムウォータースリムサーバーIII

(掲載機種:プレミアムウォーター スリムサーバーIIIロング)

ウォーターサーバーを導入するにあたって、「定期配送される水を消費しきれるか不安」と考えている方もいるのではないでしょうか。

プレミアムウォーターでは専用のアプリから定期配送日の変更や配送の一時休止ができるので、仕事や育児で忙しく、水を消費しきれるか不安と考える方にはうれしいポイントです。
※定期配送の一時休止は休止から60日を経過してしまうと追加の料金が発生してしまうのでその点だけ注意しましょう。

          

また、当サイトからプレミアムウォーターを新規にお申し込みいただいた方に、お水ボトル2本分(24L)を無料でプレゼントします。お得にウォーターサーバーを導入するチャンスですので、ぜひ導入を検討してみてください。

プレミアムウォーターの料金詳細
サーバーレンタル料 0円
月額費用 2人:3,680円~(24L)
4人:7,360円~(48L)
早期解約金 2年契約:10,000円
3年契約:15,000円
その他費用
  • 配送料:0~800円(水の種類・エリアによって異なる)
  • メンテナンス料:2,050円(セルフクリーニングキット)
  • 定期配送休止料:60日以上800円・90日経過後800円・120日経過後で強制解約
キャンペーン 当サイトからのお申し込みでお水ボトル2本分(24L)を無料プレゼント。

プレミアムウォーターのその他の機種の解約金が気になる方はこちらの記事を読んでみてください。
プレミアムウォーターの評判は?悪い口コミと人気が高い3つの理由

フレシャス dewo

カウンターキッチンの横に設置されてあるフレシャスデュオのサーバーとキッチンに立つ女性

(掲載機種:フレシャス dewo)

フレシャスをおすすめする理由は、デザイン性使い勝手を徹底的に考え抜いた設計月額料金の安さにあります。

例えば売れ筋モデルの「フレシャス dewo」は、一般的な12Lボトルではなく7.2Lの軽量パックを採用しているため水の交換が楽だったり、給水口が高い位置にあるので楽な姿勢で水を注ぐことができたりするなど使いごこちの良さを追求しています。

またシンプルかつスリムなデザインによって、お部屋になじみやすく置き場所にも困らないという特長があります。

月額料金が安くてお財布に優しいのもフレシャスの魅力です。

フレシャスの料金詳細
サーバーレンタル料 初月0円
前月に水を2箱以上購入で0円、2箱未満は500円
月額費用 2人:4,620円~(28.8L)
4人:9,240円~(57.6L)
早期解約金 利用1年以内の解約:15,000円利用1年以内の解約
1年経過後、2年以内の解約:9,000円
その他費用
  • 配送料:0円
  • メンテナンス料:-
  • 定期配送休止料:2ヶ月連続で中断した場合、翌月以降に月額1,000円
キャンペーン 新規お申し込みで、全員に初回の水を1箱無料プレゼント。

フレシャスのその他の機種が気になる方はこちらの記事を読んでみてください。
フレシャスの評判は良い?口コミからわかったデメリットと人気の理由

コスモウォーター Smartプラス

コスモウォーターのサーバーとグラスを持ってソファに座る男性

(掲載機種:コスモウォーター Smartプラス)

コスモウォーターをおすすめするおもな理由は、公式Webサイトでも「家族の天然水」とPRしているだけあって、家族の暮らしを快適にする機能性にあります。

水は口に入るものですから、小さなお子様がいる家庭では特に衛生面が心配ですよね。その点コスモウォーターは、Wクリーン機能でいつでも新鮮で衛生的な水を保てるため安心であると以下のようにうたっています。

Wクリーン機能とは

 

1.「クリーンエア」
冷水タンクに取り込まれるわずかな外気も独自の特許技術でキレイにして、雑菌の侵入を防ぐ機能

2.「クリーンサイクル」(※Smartプラスのみ搭載)
48時間ごとに熱水を循環させて、サーバー内部を常にクリーンな状態に保つ機能

この他にも、誤ってお湯を出してやけどしてしまう事故を防ぐためチャイルドロックや家計にうれしい省エネ機能、サーバー本体の駆動音や振動音を軽減する静音設計なども採用しており、家族にとってうれしい機能が満載です。

コスモウォーターの料金詳細
サーバーレンタル料 0円
月額費用 2人:3,800円(24L)
4人:7,600円(48L)
早期解約金 利用2年以内の解約:9,000円
その他費用
  • 配送料:0円(北海道のみ1本あたり200円)/代金引換の場合は手数料300円(1万円以上の場合は400円)
  • メンテナンス料:-
  • 定期配送休止料:月額800円
キャンペーン 抽選で400名に最大1万円相当のプレゼントが当たる。

コスモウォーターのその他の機種が気になる方はこちらの記事を読んでみてください。
コスモウォーターの評判は?口コミで見た4つの人気理由とデメリット

ウォーターサーバーを解約するおもな理由

ウォーターサーバーを解約する理由にはどういったものがあるのでしょうか。

ウォーターサーバー選びで失敗しないために、解約する理由を事前に知っておき自分に合ったサーバーを見つけましょう。

月額料金が高くて生活費を圧迫する

サーバーのレンタル料金やメンテナンス料金、毎月の電気代などを含めた月額料金についてあまり深く考えないで契約すると後々「思った以上に料金が高い…」という状態に陥り生活費を圧迫しかねません。

最近ではトータルの月額費用の安いウォーターサーバーも出ています。毎月の料金が心配な人はチェックしてみましょう。 詳しくは、「いちばん安いウォーターサーバーはどこ?ランキングで最安値を比較」をご覧ください。

ノルマが多くて水を消費し切れない

会社や申し込みプランによって違いはありますが、ウォーターサーバーには「毎月12Lの水ボトルを2本(=24L)」注文しなければならないといった注文ノルマがあります。

水が飲み切れない場合でも次のボトルが配達されるため、ボトルが自宅にたまり「置き場所に困る…」なんてことが起きてしまい、解約の理由になりえます。

このようなことを避けるには、まずは自分が毎月どのくらい水を消費するのかを把握したうえで、一度に配送される水の量や配送ペースが選べるウォーターサーバーを選択するのがいいでしょう。

水の消費量の把握が難しい場合は、月々の購入ノルマのないウォーターサーバーもあります。詳しくは「注文ノルマなしのウォーターサーバーは4社!費用や特徴を比較」をご覧ください。

ボトルの交換・保管が大変

ウォーターサーバーは水のボトルが空になったら交換が必要です。

機種によって多少違いはありますが、交換するときはだいたい胸の高さまでボトルを持ち上げる必要があります。一般的な水ボトルは1本あたり12Lでその重さは12Kgですから、力の弱い人にとっては一苦労ですね。

後になって苦労しないためにも、交換が心配な人は足元で水ボトルをセットするタイプのサーバーや1パック7Lくらいのボトルを使用するサーバーを選ぶことをおすすめします。

解約金があっても「乗り換えキャンペーン」があれば負担が少なくなる

最低利用期間が終わっていないときに解約すると解約金が発生しますが、他のウォーターサーバー会社に乗り換えるのなら、キャッシュバックをもらえることがあります。

スマホの乗り換えのようなイメージですね。解約金があっても「乗り換えキャンペーン」を利用すれば、負担額が減ったり場合によっては解約金をすべて相殺できたりします。

乗り換えキャンペーンのキャッシュバック金額について詳しく知りたい人は、別記事の「ウォーターサーバー乗り換えキャンペーンを徹底比較」をご覧ください。

この記事のまとめ

  • 契約期間内に解約した場合の解約金は0〜20,000円台とメーカーによってさまざま
  • 解約金なしのメーカーは「クリクラ」のみ
  • 解約金があっても「乗り換えキャンペーン」でお得に乗り換えできることも多い。「解約金」ばかりを気にしすぎないことが大切

関連記事

法人向けウォーターサーバーのコストは?おすすめはどれ?6社で比較

「法人向けにウォーターサーバーを導入するとしたら、コストってどのくらい?」

【9月最新版】ウォーターサーバー乗り換えキャンペーンを徹底比較

現在ウォーターサーバーを使っているものの、使い勝手や値段に不満があり「こん…

ウォーターサーバーの1ヶ月の電気代比較&比較のときに注目すべき点

「ウォーターサーバーの電気代は1ヵ月どのくらいかかるの?」「

災害時、停電時でも安心して使えるウォーターサーバー紹介!備蓄水…

「災害時や停電時でも使えるウォーターサーバーってあるの?」

【9月最新】無料お試しキャンペーンがあるウォーターサーバー3選

「ウォーターサーバーが気になるけど、そもそも自宅に本当に必要なのかな?」