ウォーターサーバーのメリットとデメリットは?向いているのはこんな人

Water Server どんな人におすすめ?

「そもそもウォーターサーバーって何がメリットなの?」
「興味はあるけど、本当に自分に必要なのかな…」

これまでに一度も使ったことがない人は、ウォーターサーバーのある生活ってイメージしにくいですよね。

でも、よく知らないままに使い始めると「想像と違った…」という失敗にもつながってしまいます。

まずは、ウォーターサーバーのメリット・デメリットをしっかり把握しましょう!

この記事では、メリットとデメリットを詳しく確認し、メリットに沿ったウォーターサーバーをご紹介します

ウォーターサーバーの7つのメリット

  • 冷水や温水がいつでもすぐに使える
  • 重たい水を買ってくる必要がない
  • 料理においしい水が使える
  • 子どもがジュースを飲まなくなった
  • おしゃれなインテリアの一部としても使える
  • 美容と健康を気にする人にぴったり
  • 災害時の備蓄水として万が一の備えになる

ウォーターサーバー7つのメリット

近年、ウォーターサーバーを置く家庭が増えているようです。ウォーターサーバーには、どのようなメリットがあるのでしょうか。

実際にウォーターサーバーを利用している人の口コミと併せて、詳しく見ていきましょう。

ウォーターサーバーのメリット

  1. 冷水や温水がいつでもすぐに使える
  2. 重たい水を買ってくる必要がない
  3. 料理においしい水が使える
  4. 子どもがジュースを飲まなくなった
  5. おしゃれなインテリアの一部としても使える
  6. 美容と健康を気にする人にぴったり
  7. 災害時の備蓄水として万が一の備えになる

1.冷水や温水がいつでもすぐに使える

「プレミアムウォーター」水を注いでいる写真

(掲載機種:プレミアムウォーター スリムサーバーⅢ)

ウォーターサーバーのメリットは、なんといっても冷水や温水がいつでもすぐに使えるところ。特に温水は料理にも使えるので便利です。

他にも、ウォーターサーバーは次のようなシーンでも活躍します。

暑い日に帰宅してすぐ、冷たい水をゴクゴク飲める

夏場はよく冷えた水がおいしいものですが、ウォーターサーバーを使えば冷蔵庫に飲み物を常備しなくていいので庫内はスッキリ。「ペットボトルが邪魔で食材を入れられない」ということもなくなります。

また、冷蔵庫を開け閉めする回数が減れば冷却効率も上がるはずです。

また、暑い日の熱中症対策など、近年の猛暑への備えとしてもウォーターサーバーは大活躍です。

コーヒーやお茶、カップスープなど、温かい飲み物がすぐ飲める

コーヒーやお茶などをいれるとき、まずはコンロや電気ケトルなどでお湯を沸かすところから始めますよね。しかしウォーターサーバーなら、いつでもすぐにお湯を使うことができます。

赤ちゃんのミルクをつくるときも、いちいちお湯を沸かさなくていいので赤ちゃんを待たせる時間が短くて済みますし、深夜にも助かります。

80度以上のお湯が出るので「小腹が空いたときのカップラーメン」も、すぐにつくることができます。

【ウォーターサーバー利用者の口コミ】

(長野県・42歳・男性)
使用サーバー:コスモウォーター・Smartプラス

毎朝スープを飲むのですが、いままでは電気ケトルでお湯を沸かして時間がかかっていましたが、今ではすぐにお湯が使えて便利になりました。朝の忙しい時間、ありがたいと思います。

2.重たい水を買ってくる必要がない

ウォーターサーバーのボトルとペットボトルが並んでいる写真

値段だけを考えれば、ウォーターサーバーを利用するよりスーパーでペットボトルを買ってきた方が安上がりなのは事実。

しかし、重たい水を買って自宅まで運ぶのはつらいです。2Lのペットボトルを2~3本も買ったら帰り道が大変。他に買うものがあるのに、諦めなくてはならないことも…。

その点、ウォーターサーバーがあれば水を自宅に届けてもらえます。水を運ぶ苦労から解放されるのは、大きなメリットの一つですね。

【ウォーターサーバー利用者の口コミ】

(福岡県・26歳・女性)
使用サーバー:コスモウォーター・Smartプラス

コスモウォーターのいい所は、下から水を入れられる事です。 子供も簡単に出来て、重たい水を抱えなくてすみます。

3.料理に使える

「フレシャス」鍋に水を注いでいるいる写真

(出典:フレシャス)

ウォーターサーバーの水は「飲む」だけでなく、もちろん料理にも使えます。

食材には水がしみ込むので、不純物が入っていないおいしい水で料理するとより一層おいしくなるといわれています。

恵比寿の人気料理店米福では、お米をとぐための水と炊飯前の米に吸わせる水に、ウォーターサーバーの水を利用しているそうです。

お米にこだわる日本料理店でも、ウォーターサーバーの水が使われているのですね。

他にも、スープやみそ汁などのシンプルな料理に使うと一層味が引き立ち、おいしく感じることでしょう。

【ウォーターサーバー利用者の口コミ】

(栃木県・51歳・女性)
使用サーバー:ウォータースタンド・ナノラピアネオ

サーバーを通した水で野菜を茹でると、色も鮮やかになるし、素材そのものの味も引き立てられます。 コーヒーの味も美味しく感じられます。

4.子どもがジュースを飲まなくなった

子どもが水を飲んでいる写真

レバーやボタンで水が出てくるところは、まるでファミリーレストランのドリンクバーのようでおもしろく、ウォーターサーバーは子どもにも大人気。

子どもたちは喜んで水を飲みたがり、「子どもがジュースを飲む量が減った」という声も。

冷たくておいしい水はカロリーゼロ。甘いジュースの代わりに水を飲むようになれば、肥満や虫歯の予防にもつながりますね。

【ウォーターサーバー利用者の口コミ】

(千葉県・33歳・女性)
使用サーバー:コスモウォーター・Smartプラス

お水が好きになったようで、子供があまりジュースを飲まなくなりました。 チャイルドロックもついているのでイタズラ防止にもなり、リビングで使用していても心配がありません。

5.おしゃれなインテリアの一部としても使える

リビングに設置されているプレミアムウォーターのウォーターサーバー

出典:プレミアムウォーター

一般的にウォーターサーバーと聞くと、透明のボトルがサーバーの上に乗っかっている「いかにも家電」といったデザインをイメージするかもしれません。

しかし最近は、各メーカーがさまざまなデザインをラインナップしています。

     
  • 著名なデザイナーによるスタイリッシュなもの
  • 外からボトルが見えないように、ボトルカバーが付いているもの
  • カラーバリエーションが豊富なもの
  • 子どもが好きなキャラクターとコラボレーションしたもの

オシャレなウォーターサーバーなら、リビングや書斎などに置いても部屋の雰囲気を損ねません

【ウォーターサーバー利用者の口コミ】

(東京都・29歳・女性)
使用サーバー:プレミアムウォーター・スリムサーバーⅢ(ショートタイプ)

シンプルでおしゃれだから、周りのインテリアの邪魔をしないから、とっても気に入ってる。

画像で実物を見てみたい方は、別記事の「インテリアになる!インスタ映えするウォーターサーバーおすすめ6選」をご覧ください。

6.美容と健康を気にする人にも

女性が水を飲んでいる写真

健康のためには、適切に水分を補給することが大切だといわれています。

美容や健康に常にアンテナを張っているハリウッド女優やモデルたちも、水には気を使っているそう。いつも水を持ち歩き、きちんと補給することで身体をケアしているモデルもいるようです。

人の身体の約60%は水だといわれています。身体をつくる水分が不足しないように、きれいな水を日常的に飲む習慣を身につけることは、健康のためにも大切なことなのです。

ウォーターサーバーがあればいつでもおいしい水を飲める環境ができ、美容や健康にもいい影響がありそうです。

【ウォーターサーバー利用者の口コミ】

(福岡県・34歳・男性)
使用サーバー:富士おいしい水・床置きタイプ

なるべく、お茶や水を飲むようにして体調がかなり良くなった。元々、コーヒーばかりで、水やお茶類は飲んでいなかったが、健康を気にするようになり、飲み始めた。朝起きて必ず、水を飲むようにした。

7.災害時の備蓄水として万が一の備えにもなる

「フレシャス」鍋に水を注いでいるいる写真

(出典:サントリー)

2011年の震災後にはウォーターサーバーの契約者数が大幅に増加したそうです。近年は自然災害が増えているため、飲み水の確保は重要な問題。そのような中、災害時の備えとしてウォーターサーバーが注目されています。

災害時の備蓄量は「1人当たり1日3L」が目安といわれています。しかし、常にそれだけの水を確保しておいたら、住環境を圧迫してしまいます。

その点、ウォーターサーバーのボトルは通常1本12L。1本あれば4人分の飲料水を確保できます。継続的にウォーターサーバーを使用していれば、水は常に新しいものに入れ替えられるので、いつの間にか備蓄水が古くなっていた…ということもありません。

(参考:大規模地震の発生に伴う 帰宅困難者対策のガイドライン - 内閣府防災担当

【ウォーターサーバー利用者の口コミ】

(茨城県・70歳・女性)
使用サーバー:富士おいしい水・床置きタイプ

実は、東日本震災の時、水道が止まってしまいました。みなさんは、中学校に水の配給にペットボトル持参で行きましたが、コスモウォーターのおかげで、私はそれを、回避できました。非常食品として大活躍でした。災害はいつあるかわかりません。水があると大変安心です。

参考記事:災害時、停電時でも使えるウォーターサーバー比較|備蓄水として活躍!

このように、ウォーターサーバーはとても利便性が高いことがわかります。

メリットに沿ったおすすめのウォーターサーバー

「ウォーターサーバーが気になるけどどれを選んでいいのか分からない」

という方も多いかと思います。ウォーターサーバーは種類が豊富ですが、それぞれ特徴が異なります。

ここからは、ウォーターサーバーのメリットに沿ってオススメのウォーターサーバーをご紹介します。

     
  • 赤ちゃんのミルクに適したサーバーがいい人
  • 一人暮らしでサーバーを使いたい人
  • ボトル交換がしやすいサーバーがいい人
  • 料理にも水を使いたい人
  • インテリアに合わせたい人

赤ちゃんのミルクに適したサーバーがいい人におすすめ:プレミアムウォーター

「プレミアムウォーター」ウォーターサーバーが並んでいる写真

(出典:プレミアムウォーター)

おすすめポイント

  1. 妊娠または5歳以下のお子さまがいる家庭を対象にした料金プランがある
  2. 出水口が高めで、本体背面にチャイルドロックがあるので赤ちゃんが触っても安心
  3. 下置きスタイルなので女性でも楽ボトルを交換できる

プレミアムウォーターは赤ちゃんにやさしい軟水の100%天然水です。

プレミアムウォーターでは、「マムクラブ」というママ向けの料金プランがあります

「マムクラブ」を利用すると、初回設置サービス料が無料になり、サーバーレンタル料と水代が割引になるのでお得です。

一人暮らしでサーバーを使いたい人におすすめ:アルピナウォーター

「アルピナウォーター」ウォーターサーバーが並んでいる写真

(出典:アルピナウォーター)

おすすめポイント

  1. 定期購買の必要がなく、注文しなければならないボトルの本数指定もないので一人暮らしに安心
  2. ECOモード搭載のサーバーを選べば電気代を安くできる
  3. 水の値段が安い

アルピナウォーターの魅力は、12Lボトルで1,134円と値段がお手頃なところです。

ECOモードが搭載されているサーバーもあり、スタンダードなものと比較して消費電力を約35%カットできるので、電気代を節約できます。また、注文ノルマがなく、必要な時に必要なだけ注文できます

ボトル交換がしやすいサーバーがいい人におすすめ:コスモウォーター

「コスモウォーター」のウォーターサーバーが並んでいる写真

(出典:コスモウォーター)

おすすめポイント

  1. 下置きタイプなので重たいボトルを持ち上げる必要がない
  2. バスケットにボトルを入れるので女性でも片手で楽に水交換ができる
  3. 12リットルボトルなので軽いボトルに比べて交換頻度が低い

ボトルの入れ替えが大変なイメージのウォーターサーバー。でも、コスモウォーターは買い物かごのようなバスケットにボトルを入れて、水平にスライドさせるだけでボトルの交換ができます。

12リットルの大きなボトルを片手で簡単に交換できるのは魅力です。

料理にも水を使いたい人におすすめ:ウォータースタンド

「ウォータースタンド」のサーバーが写っている写真

(出典:ウォータースタンド)

おすすめポイント

  1. 水のボトル代金がかからないので料理にも気兼ねなく水を使える
  2. 浄水器違い、冷水・常温水・温水を使い分けられるので使い勝手がいい
  3. 料金は定額なので、たくさん水を使っても料金の心配をする必要がない

ボトル式のウォータサーバーが水を使えば使うほど料金が高くなるのに対して、ウォータスタンド水をいくら使っても料金は定額です。

なので、お米を研いだり、パスタをゆでたりなど普通のウォーターサーバーでは水を使うのをためらってしまうような場面でも気にせず水を使えるのがメリットです。

インテリアに合わせたい人におすすめ:フレシャス

「フレシャス」ウォーターサーバーが並んでいる写真

(出典:フレシャス)

おすすめポイント

  1. グッドデザイン賞を受賞していて、周りのインテリアにもなじむ
  2. 床置き式も、卓上もどちらも洗練されたデザイン
  3. カラーバリエーションが豊富なので部屋の雰囲気に合わせやすい

グッドデザイン賞を受賞したコンパクトでスタイリッシュなサーバーが特徴のフレシャス。大きなサイズも小さなサイズも、どちらも洗練されたデザインなので、どちらを選んでもインテリアの一部として最適です。

カラーバリエーションも豊富なので、部屋のテイストに合わせやすいといえます。

ウォーターサーバー5つのデメリット

メリットが多いウォーターサーバーですが、デメリットもあります。

ここからはどのようなデメリットがあるのかを紹介していきますが、重大な欠点ではなく「考え方次第で解決できる」問題であることがわかるはずです。

ウォーターサーバーのデメリット

  1. ペットボトルの水や浄水器より費用が高い
  2. 置き場所に困る
  3. ボトル交換が手間になる
  4. 水の注文ノルマがある
  5. メンテナンスが面倒

1.ペットボトルの水や浄水器より費用が高い

ペットボトルが冷蔵庫に入っている写真

単純にコスパのみを考えた場合、ペットボトルの水や浄水器よりウォーターサーバーの方が割高なのは事実です。お財布のことだけを考えるなら、ペットボトルを買った方がお得といえるかもしれません。

しかし、それはたとえるなら「全自動洗濯機を買うより、手洗いの方が安上がり!」というようなもの。

ウォーターサーバーには、必要なときにすぐにお湯を使える、重たい水を購入して持ち帰らなくても済むなどのメリットがあります。

多少費用はかかっても、ウォーターサーバーを利用することで快適な生活を送れます。最近では比較的安いウォーターサーバーも出てきました。

詳しくは「結局いちばん安いウォーターサーバーはどれ?最安サーバー見きわめ術」をご覧ください。

2.置き場所に困る

「フレシャス」ウォーターサーバーが並んでいる写真

(掲載機種:フレシャス 左からdewo mini・dewo・slat)

一般的にウォーターサーバーの置き場所といえばキッチンが多いのではないでしょうか。

しかしどんな家庭でも、キッチン周りのスペースには余裕がないもの。ウォーターサーバーを置くことで、多少なりとも生活スペースは圧迫されてしまいます。

その点近年のウォーターサーバーのモデルは、大変スリムになっていて場所をとりません。中には、A4用紙一枚分のスペースがあれば置ける卓上タイプもあります

またウォーターサーバーは、電源さえ確保できればキッチン以外にも、リビングや書斎、寝室などにも置けます。延長コードを使えば「置けない部屋はない」といっていいでしょう。

参考記事:サイズで比較するウォーターサーバー|設置タイプ別のおすすめも紹介

3.ボトル交換が手間になる

「フレシャス」ボトルを交換している写真

(掲載機種:フレシャス slat)

ウォーターサーバーは水がなくなればボトルを交換しなくてはなりません。

一般的なウォーターサーバーのボトルは1本12L。つまり、12kgもあります。それをウォーターサーバーの高い位置まで持ち上げて交換するのはなかなか大変な作業です。特に力の弱い人や高齢者にとっては負担が大きいでしょう。

そういった心配がある場合は、ボトルを足下に設置する「下置き」タイプのものを選ぶのも良い方法です。また、1パック7L程度のものにすれば、それほど重くないので交換するときの苦労を軽減できます。

どのサーバーを選ぶかで形状や交換の仕方が変わってきます。事前に調べて自分に合ったものを選ぶとよいでしょう。

4.水の注文ノルマがある

ボトルの写真

ウォーターサーバーは業者によって定期的に水を注文し続けなければならない、注文ノルマがある場合があります。

注文ノルマとは?
「水のお届けは12Lボトル2本(=24L)から承ります」のように設定されている、一度に注文しなければならない水の注文最低量のこと。
「月1本(12L)だけ配送してください」という少ない単位での注文が不可能なので、水を使い切っていなくても次の分を購入しなければなりません。

「いちいち注文しなくても定期的に水を届けてもらえるのは楽」というメリットはありますが、使い切っていなくても次のボトルが届いてしまいます。いつの間にか、どんどん水が自宅にたまってしまうというデメリットも。

そういったことがないようにあらかじめ、月に自分がどれくらいの水を消費するのかを把握しておくことが大切です。

1回に配送するボトル数や配送ペースは選べる業者が多いので、水の消費量によって配送を調整しましょう。

水の消費量の予測が難しい人には、注文ノルマがないウォーターサーバーもあります。中には配送をお休みできるサービスもあるので、ウォーターサーバーを選ぶ際は、自分のライフスタイルに合ったものを選ぶようにしましょう。

注文ノルマのないウォーターサーバーについて知りたい方は「ノルマなしのウォーターサーバーってあるの?おすすめ3社を比較」をご覧ください。

5.メンテナンスが面倒

「プレミアムウォーター」ウォーターサーバーを拭いている写真

(掲載機種:プレミアムウォーター スリムサーバーⅢ)

ウォーターサーバーの衛生を保つためには、日常のメンテナンスが必要です。

サーバー本体にたまったホコリを拭き取ったり、給水口やボトルの連結部分の水分や汚れを拭き取るといったユーザーレベルでできる簡単なクリーニングを1週間に1回程度はしましょう。

本格的なメンテナンスも、理想をいえば1年に1度くらいは行いたいところです。

家庭で行うのは難しいメンテナンスについては、サーバー会社がサポートしてくれる場合がありますし、定期的に本体を丸ごと交換してくれるところもあります。

参考記事:ウォーターサーバーの衛生面は大丈夫?自分でできるメンテナンスとは

メリット・デメリットから見えるウォーターサーバーのメリットを生かせるのはこんな人

ここまで紹介してきたメリット・デメリットをふまえて、ウォーターサーバーがおすすめな人を見ていきましょう。

     
  • ペットボトルの水をよく買う
  • お茶やインスタントコーヒー、カップスープなどをよく飲む(お湯を使う機会が多い)
  • 赤ちゃん、子どもがいる家庭
  • 料理の水にもこだわりたい
  • 日常生活をおしゃれに過ごしたい
  • 災害時に備蓄として水を備えたい

これらに当てはまる人は、ウォーターサーバーの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

メリット・デメリットをしっかりと理解したうえで各社のサーバーを比較すれば、自分のライフスタイルに適した1台を見つけることができるはずです。

また、サーバーを比較するときは「月額費用・デザイン・使いやすさ」の3つの軸で検討するのが大切です。

詳しくは「ウォーターサーバー10社の比較ランキング|失敗談から学ぶ賢い選び方」をご覧ください。

この記事のまとめ

  • ウォーターサーバーは、生活の利便性を向上してくれる
  • デメリットもあるが、考え方次第で克服できるレベル
  • ウォーターサーバーのメリットを感じられる人はたくさんいる

関連記事

ウォーターサーバーの仕組み・構造を解説|冷水と温水がいつでも快…

「ウォーターサーバーってどんな仕組み…

ワンウェイ?リターナブル?ガロンボトル?ウォーターサーバーのボ…

ウォーターサーバーというと「水の入った大きなボトルが届く」というイメージがありますよね。

天然水とRO水の違いを6項目で比較!赤ちゃんに最適なのはどっち?

ウォーターサーバーについて調べ始めると、サーバー会社によって取り扱っている水が違っており、大きく…

ウォーターサーバーの衛生面は大丈夫?自分でできるメンテナンスとは

「実はウォーターサーバーって、衛生面ヤバいらしいよ?」 そん…

ウォーターサーバーの水は安全?放射性物質は?各社の安全対策

ウォーターサーバー導入を考えている人は「安全性」や「放射性物質」という言葉に特に敏感になっている…