信濃湧水|赤ちゃんにも安心して使える天然水。秘密は硬度の低さ

観葉植物が飾ってある椅子の横に設置されている信濃湧水のウォーターサーバー

北アルプス、標高1,220m地点から届く天然水
「アルピナウォーター」や「ピュアハワイアン」を提供する会社、トーエルの天然水ブランドが「信濃湧水」。赤ちゃんのミルクにも安心して使える超軟水です。

ユーザー口コミ評価 4.1

おすすめポイント

  • 国内ミネラルウォーター採水地ではトップクラスの標高
  • 天然水としてはリーズナブルな価格設定
  • 空きボトルは資源ごみとして処理可能
信濃湧水の基本データ
◆天然水 ◆ワンウェイ ◆上置き
◆卓上あり ◆クレカ・口座引落 ◆配送地域:全国
◆チャイルドロックあり

目次

信濃湧水の料金詳細

※月額費用は水代+レンタル代(電気代除く)です。

信濃湧水の料金詳細
初期費用 0円
月額費用 2人:3,240円(24L)
4人:6,480円(48L)
500mlあたり
の費用
67.5円
1ボトルあたり
の費用
1,620円
その他費用
  • サーバーレンタル料:0円~300円

料金プラン

料金プラン
プラン 基本プラン
初回登録事務手数料 0円
お水料金
(1本あたり)
1,620円(12L)
早期解約手数料 10,800円(1年以内の解約時)
1回あたりの本数 2本~4本
購入ノルマ なし(※注文が3ヶ月で4本未満の場合、月額800円の事務手数料が必要)

料金の口コミ

nina17さん(茨城県・40歳・女性)
使用サーバー:エコサーバー
評価 ★★★★☆ 4.0

お水を使う分だけ購入できるので無駄がありません。
エコタイプを選んだので、以前使用していたものより電気代も安くなりました。

信濃湧水のお水

お水の種類

信濃湧水(12L)ボトル
信濃湧水(12L)
採水地 長野県・大町市
料金
(1本あたり)
1,620円~
水成分表(100mlあたり)
ナトリウム 0.27mg バナジウム - 炭酸水素イオン -
カルシウム 0.54mg 亜鉛 - 硬度 16mg/L
マグネシウム 0.05mg シリカ - 溶存酸素 -
カリウム 0.05mg サルフェート - pH値 7

おいしさのポイント

1.自然豊かな水源地の天然水

信濃湧水の水源は、北アルプスにそびえる爺ヶ岳(標高2,670m)。この山の1,220m地点にある「矢沢水源」で採水されています。

有名な「安曇野のわさび畑」も信濃湧水の工場のずっと下流に位置しているそうなので、いかに水のきれいな場所なのかがわかりますね。

安曇野のわさび畑

信濃湧水の硬度は「16」。水道水の平均硬度は50なので、超軟水と言えます。クセがなく、ミネラル分が少ないので赤ちゃんのミルクにも安心して使うことができます。

ちなみに信濃湧水は海外にも輸出されており、シンガポール、タイ、ベトナム、香港にも展開中。日本のおいしい天然水として支持されています。

お水のおいしさの口コミ

shima1shimaさん(神奈川県・30歳・女性)
使用サーバー:スタンダードサーバー
評価 ★★★★★ 5.0

全く臭みがなく、とても美味しいです。口当たりが良く、柔らかな飲み心地なので、どんなお料理にも合います。また、澄んだ天然水の味なので、そのまま飲んでも美味しいです。

信濃湧水のサーバー

ウォーターサーバーの種類

エコサーバー

信濃湧水ウォーターサーバー エコサーバーの写真
  • ECOモードを利用することにより、最大42%の省エネ
  • 温水循環による自動クリーニング機能を搭載
  • ダブルチャイルドロック搭載
レンタル料(月額) 324円
サイズ 31cm×33cm×100cm(ボトルセット時の高さ130cm)
重量 17kg
エコモード
消費電力 加熱 260W
冷却 95W
電気代目安(メーカー発表) 16円/日〜
温度 温水 80~85℃(エコモード利用時は約70℃)
冷水 5~10℃
カラー

1色

  • ホワイト
チャイルドロック

スタンダードサーバー

信濃湧水ウォーターサーバー スタンダードサーバーの写真
  • レンタル料0円
  • コンパクトな卓上サーバーもラインナップ
レンタル料(月額) 0円
サイズ 床置:31cm×33cm×100cm
卓上:30cm×31cm×87cm
重量 17kg
エコモード ×
消費電力 加熱 330W
冷却 85~80W
電気代目安(メーカー発表) 28円/日~
温度 温水 80~90℃
冷水 3.5~8℃
カラー

1色

  • ホワイト
チャイルドロック

【関連記事】
ウォーターサーバー10社の比較ランキング|失敗談から学ぶ賢い選び方

信濃湧水のサーバーの特徴

1.「スタンダード」と「エコ」がラインナップ

信濃湧水で選べるサーバーはシンプルで、スタンダードサーバーとエコサーバーの2機種です。

信濃湧水を運営する会社「トーエル」は、「アルピナウォーター」や「ピュアハワイアン」も提供する会社ということもあり、サーバーの性能は基本的にはアルピナウォーターやピュアハワイアンと同じ。

デザインは徹底的にシンプルな印象ですが、両機種ともチャイルドロックを装備し、安全性が確保されています。

信濃湧水ウォーターサーバーのレバーのチャイルドロック部分

2.エコサーバーは、ダブルチャイルドロック&自動クリーニング

エコサーバーはスタンダードよりも機能が充実。チャイルドロックはサーバー上部のロックボタンに加え、操作パネル内にもロック装置があり、子どもの火傷やイタズラを防ぐ仕組みになっています。

また、サーバー内部を自動クリーニングする機能も装備。1週間に1度、サーバー内部に温水を循環させることにより、サーバー内を衛生的な状態に保ちます。

ウォーターサーバーの内部を自動クリーニングするイラスト

赤ちゃん用に利用を検討しているのなら、チャイルドロック機能と衛生面はよく調べておいた方がいいでしょう。より詳しい情報が知りたい方は、別記事の「編集部おすすめの赤ちゃんファーストなウォーターサーバー6選」もチェックしてくださいね。

サーバー(デザイン・使いやすさ)の口コミ

haya.iddmさん(神奈川県・22歳・男性)
使用サーバー:エコサーバー
評価 ★★★☆☆ 3.0

デザインは可もなく不可もなくというのが正直な感想です。

信濃湧水の特長・選ばれる理由

1.天然水としてはリーズナブルな価格設定

信濃湧水の12Lボトルは、1本あたり1,620円。天然水としてはリーズナブルな価格設定と言っていいでしょう。

おいしい水は、そのまま飲むだけでなくお茶や料理など、さまざまな場面で使いたくなりますよね。お値段がリーズナブルだと助かります。

2.ワンウェイとリターナブルの「いいとこ取り」

トーエルの配送エリア(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城の一部)であれば、トーエルによる自社配送。

つまり専門スタッフが水を届けてくれるので、サーバーについての疑問を聞くなど、配達のたびにコミュニケーションを取れるメリットがあります。

信濃湧水の水が入った箱を持つスタッフ

一般的にこういったサービスはリターナブル式の特徴なので、信濃湧水もリターナブルかと思ってしまいますが、使用しているボトルはワンウェイ。

水を使い切ったら資源ごみとして処理が可能です(希望すればスタッフに引き取ってもらうことも可能)。リターナブルとワンウェイ、両者の「いいとこ取り」のようなサービスが嬉しいですね。

ちなみに関東以外の地方は、一般的なワンウェイと同様、宅配便によるお届けになります。

3.購入ノルマなし

アルピナウォーターやピュアハワイアンと同様、購入ノルマがありません。(※ただし注文が3ヶ月で4本未満の場合、月額800円の事務手数料が必要)

好きなタイミングで水を発注することができるので「飲みきれない水が溜まっていく」という心配がありません。一人暮らしでも安心ですね。

信濃湧水の評判

良い評判

yamabu0327さん(千葉県・28歳・男性)
使用サーバー:エコサーバー
評価 ★★★★★ 5.0

想像以上にスッキリとした味わいとなっているので感動しました。自然豊かな地域から採取された水なのは知っていましたが、後味や飲んでいる時のクリアな感覚がとても良いです。

ただ、低い位置になっているのでボタンの押しにくさを感じています。他の会社で提供しているサーバーの方が使いやすかったです。

悪い評判

nina17さん(茨城県・40歳・女性)
使用サーバー:エコサーバー
評価 ★★★★☆☆3.0

試飲したところ、以前使っていたものよりお水が美味しかったので乗り換えました。

使う分だけ注文できる点も気に入っています。水についてはとても満足しているのですが、ウォーターサーバーについては不満が多いです。

操作面はシンプルなのですが使い勝手はあまり良くありません。見た目ももう少しおしゃれだったらいいのになと思います。

信濃湧水のサービス・サポート内容

■2年もしくは4年に1度、サーバーを無料交換
スタンダードサーバーは2年に1度、エコサーバーは4年に1度、サーバーごと交換してくれます。

ウォーターサーバーは、表面の掃除やメンテナンスは自分でできますが、長期間使用していると内部の衛生面も気になりますよね。

丸ごと交換してくれるというのは、利用者にとっては嬉しいポイントです。

■「セット割」でお得
運営会社「トーエル」は、電気、LPガス、インターネット通信の事業も営んでいます。

そのため、それらとセットで契約すると、年間最大12,000円引きになるというサービスも提供。

  • ダブル割(信濃湧水+LPガス・電気・インターネットのいずれかを契約し、2契約になった場合)…月々300円(年間3,600円)割引
  • トリプル割(信濃湧水+LPガス・電気・インターネットのうち2つを契約し、3契約になった場合)…月々600円(年間7,200円)割引
  • クワトロ割(信濃湧水+LPガス・電気・インターネットのすべてを契約した場合)…月々1,000円(年間12,000円)割引

これらは「セット割」として申し込みをする必要もなく、該当サービスを追加で契約すると、自動的にセット割がスタートするという仕組み。手続きが簡単なのが嬉しいですね。

信濃湧水の申し込み手順

1.申し込み

申し込みをする前に配送エリアを確認し、送料を確認しておきましょう(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城の一部は自社配送エリアなので配送料は無料。

それ以外のエリアは送料(378円~648円)が必要で、沖縄と離島については配送エリア外)。

申し込みは、インターネットか電話にて手続きが可能です。後日、申し込み用紙と支払い方法の申込書が届くので、必要事項を記入し返送するという流れになります。

信濃湧水の申込みをする

2.設置

トーエルの自社配送エリアはスタッフが設置してくれますが、その他のエリアは宅配便での配送になるので、自分で設置する必要があります。

もちろん、設置マニュアルがあるのでユーザーでも設置することが可能です。

信濃湧水の解約手順

解約は電話での連絡が必要です。信濃湧水には「〇年パック」などの契約期間がありませんが、サーバー設置1年以内にサーバー引き上げを行う場合は10,800円の手数料が必要になります。

カテゴリー内記事一覧

記事がありません