いちばん安いウォーターサーバーはどこ?ランキングで最安値を比較 

更新

安いサーバーを見つけたい!

「月々の費用が安いウォーターサーバーがいい!」

「でも、安いもので大丈夫なのかな…?

ウォーターサーバーの月額費用には幅があり、安いものなら月2,000円台のものもあります。

結論からいえば、安いサーバーはメンテナンスなどのサポートがなかったり、サーバーのデザインがおしゃれではなかったりするのですが、そこを割り切れるならおすすめ。

安いウォーターサーバーのランキングBest3

サーバー名 月額費用 詳細
1位 ワンウェイウォーター
(smart RO水)ワンウェイウォーターのロゴ
月2,500円 公式へ
2位 フジサンウォーターフジサンウォーターのロゴ 月2,759円 公式へ
3位 アクアセレクトアクアセレクトのロゴ 月2,831円 公式へ

※月額費用は水24L換算(電気代が別途かかります)

この記事では各社の料金を徹底比較し、本当に安くてあなたにピッタリのサーバーを紹介します。

当サイトの価格表記は、すべて税抜です。

目次

安いウォーターサーバーは月3,000円以下!ランキングで最安値比較

色んなメーカーからウォーターサーバーが発売され種類も豊富ですが、メーカーの公式サイトを見てどこが安いか比較するのは面倒ですよね。

水の使用量によって月額費用は変わりますが、使用量24Lの場合月額3,000円以下や、月額4,000円以下で使える安いウォーターサーバーがあります。

月額の費用別でランキングを紹介していきます。

月額3,000円以下の安いウォーターサーバーランキング

月額3,000円以下のウォーターサーバーなら、水の使用量が少ない一人暮らしの方赤ちゃんのミルクや離乳食で使いたい方にとって導入しやすい費用になります。

順位 メーカー名 月額費用
(水24L換算)
1位 ワンウェイウォーター
(smart RO水)ワンウェイウォーターのロゴ
月2,500円
2位 フジサンウォーターフジサンウォーターのロゴ 月2,759円
3位 アクアセレクトアクアセレクトのロゴ 月2,838円

※上記金額以外に電気代が別途かかります。

それぞれのウォーターサーバーの特徴と、編集部のおすすめポイントを紹介していきます。

1位:ワンウェイウォーター月額2,500円

サーバー 料金
ワンウェイウォーター
ワンウェイウォーターのsmart 
 

月額2,500円

水(24L) 月2,500円
レンタル代 0円
その他 0円

料金の詳細へ

 

編集部のココがポイント!

  • 本体はスリムなのでちょっとしたスペースに置きやすい
  • 重たいボトルを持ち上げる必要なしなので水交換がラクにできる
  • 今だけ!新規ご契約者全員にプレゼント

キャンペーンで申し込む

2位:フジサンウォーター月額2,759円

サーバー 料金
フジサンウォーター
フジサンウォーターのサーバー 
 

月額2,759円

水(24L) 月2,759円
レンタル代 0円
その他 0円

料金の詳細へ

 

編集部のココがポイント!

  • フジサンウォーターの水は富士山の天然水
  • 床置タイプと卓上タイプのサーバーを選べるので自宅のスペースに合わせやすい
  • 定期配送が可能

公式サイトはこちら

3位:アクアセレクト月額2,838円

サーバー 料金
アクアセレクト
アクアセレクトのウォーターサーバーとボトル
 

月額2,838円

水(24L) 月2,838円
レンタル代 0円
その他 0円

料金の詳細へ

 

編集部のココがポイント!

  • ミネラル豊富な天然水
  • 追加の水代が2箱目~2,296円とさらにお得になる
  • 冬限定で天然水ボトル2本プレゼント!

キャンペーンで申し込む

月額4,000円~5,000円以下で安いウォーターサーバーランキング

サーバー名 月額費用
(水24L換算)
1位 クリクラクリクラのロゴ 月2,917円
2位 信濃湧水信濃湧水のロゴ 月3,000円
3位 コスモウォーターコスモウォーターのロゴ 月3,800円

※上記金額以外に電気代が別途かかります。

月額3,000円以上のウォーターサーバーになるとメーカーの種類が多くありますので、自分に合ったサーバーが選びやすくなります。

ウォーターサーバーの特徴と、おすすめポイントを紹介していきます。

1位:クリクラ 月額2,917円

サーバー 料金
クリクラ
クリクラウォーターサーバー
 

月額2,917円

水(24L) 月2,917円
レンタル代 0円
その他 0円

料金の詳細へ

 

編集部のココがポイント!

  • 1年に1回サーバーを回収しサーバー洗浄のメンテナンスを行ってくれる
  • 赤ちゃんのミルクや離乳食に最適なのでお子さまにも安心安全に使える
  • 妊婦さん・1才未満のお子様を持つ方限定!今ならボトルを最大9本分無料(1本12L)でプレゼント

キャンペーンで申し込む

2位:信濃湧水 月額3,000円

サーバー 料金
信濃湧水
信濃湧水のウォーターサーバー 
 

月額3,000円

水(24L) 月3,000円
レンタル代 0円
その他 0円

料金の詳細へ

 

編集部のココがポイント!

  • 信濃湧水はクセもないので料理にも使いやすい
  • 信濃湧水は超軟水なので赤ちゃんの粉ミルク調乳用としても最適
  • 12月限定で1箱(12L×2本)無料でプレゼント(新規契約者限定)

キャンペーンで申し込む

3位:コスモウォーター月額3,800円

サーバー 料金
コスモウォーター
コスモウォーターのウォーターサーバーが並んでいる写真
 

月額3,800円

水(24L) 月3,800円
レンタル代 0円
その他 0円

料金の詳細へ

 

編集部のココがポイント!

  • 天然水の鮮度をキープするためサーバー本体のクリーン機能が充実
  • グッドデザイン賞受賞しているだけあって空間をおしゃれに演出
  • 12月限定!最大12,000円相当3大特典付

キャンペーンで申し込む

料金の安さだけでサーバー選びをしても、自分に合ったウォーターサーバーを決めることは難しいかもしれません。

ここからは、用途に合ったウォーターサーバー探しのために、タイプ別におすすめの安いウォーターサーバーを紹介していきます。

自分に合った安いウォーターサーバーを見つけたい!編集部が厳選

月額の費用が安いウォーターサーバーを紹介しましたが、いざウォーターサーバーの設置をしようとしても、自分に合っているのはどのサーバーなのか悩みますよね。

用途別で当サイトの編集部がウォ―ターサーバーをピックアップし、電気代も含めて月額かかる費用を紹介していきます。
どのウォーターサーバーが自分に合っているのか参考にしてください。

コスパ重視!とにかく安いウォーターサーバーがいい方

ワンウェイウォーター(smart)

ワンウェイウォーターのウォーターサーバー smartが並んでいる写真

出典:ワンウェイウォーター

こんな方におすすめ!

  • とにかく安いサーバーがいい方
  • サーバーのデザインはそこまで重視しない方

毎月かかる費用

サーバー代 0円
水のボトル代 1本12L 1,250円~
※注文は2本単位
※契約は月3本以上。1回あたり2本を20日間隔で配送
電気代目安(メーカー発表) 13円/日〜
総額目安 24L使用時:月2,904円~
36L使用時:月4,154円~

その他の費用
場合によっては以下の費用も発生します。

初期費用 0円
送料 0円
休止手数料 800円
交換手数料 5,000~9,000円
解約金 5,000~14,000円
メンテナンス代 なし

通常の支払いは水代のみという、わかりやすい料金体系が特徴のワンウェイウォーター。いちばん安い12Lボトルは1本1,250円で、1Lあたりのお値段は104.2円。電気代の目安は約13円です。

最新型の「smart」というサーバーは足元でボトル交換ができるため、力に自信のない方も安心です。

味にもこだわりたい!天然水で安いサーバーがいい方

富士おいしい水(床置きタイプ)

富士おいしい水のウォーターサーバー 床置きタイプの写真

掲載機種:富士おいしい水(床置きタイプ)

こんな方におすすめ!

 
  • 自然そのもののミネラル成分を味わいたい方
  • 料理に天然水を使ってみたい方

毎月かかる費用

サーバー代 0円
水のボトル代 1本12L 936円~
※注文は2本単位
送料 389~580円/ボトル1本
電気代目安(メーカー発表) 12円/日〜
メンテナンス代 550円/月
※延長保証サービスとして
総額目安 24L使用時:月3,180円~
36L使用時:月4,117円~

その他の費用
場合によっては以下の費用も発生します。

初期費用 0円
休止手数料 0円
交換手数料 3,000円
解約金 3,000円
※サーバー引取送料として

富士おいしい水の公式サイトへ

地下200mから汲み上げた天然水をていねいにフィルター処理したお水。

12Lボトルが936円と比較的安い値段設定ですが、ボトル1本ごとに送料がかかる他、サーバーのトラブルをサポートする延長保証サービス(ウォーターサーバーケア)に必ず加入する必要があるため注意が必要。

デザインも妥協したくない!おしゃれで安いサーバーがいい方

キッチンに立つ女性の横に設置されているフレシャスデュオのサーバー

掲載機種:フレシャス dewo

 

こんな方におすすめ!

 
  • お部屋のインテリアにこだわりがある方
  • いかにもウォーターサーバーといったデザインは避けたい方


毎月かかる費用
※通常プランの場合

サーバー代 0~500円
水のパック代 1パック7.2L 1,155円
※注文は1箱(4パック)から
電気代目安(メーカー発表) 10円/日〜
総額目安 12L使用時:月2,225円~
24L使用時:月4,144円~

その他の費用
場合によっては以下の費用も発生します。

初期費用 0円
送料 0円
休止手数料 1,000円
交換手数料 5,000円
解約金 契約から
9か月未満:15,000円
2年未満:9,000円
メンテナンス代 なし

ウォーターサーバーの中には、お部屋の雰囲気になじむデザイン性の高いタイプもあります。ただし、おしゃれなサーバーは比較的値段が高い傾向にあります。

消費量は少なめ。一人暮らし向けのウォーターサーバーがいい方

アルピナウォーター(スタンダードサーバー)

アルピナウォーターのウォーターサーバーが並んでいる写真

出典:アルピナウォーター

こんな方におすすめ!

  • 一人暮らしであまり水を消費しない方
  • 水の消費量が月によって変動しそうな方

毎月かかる費用

サーバー代 572円
水のボトル代 1本12L 1,050円~
※注文は3本から
電気代目安(メーカー発表) 30円/日〜
総額目安 24L使用時:月3,509円
36L使用時:月4,559円

その他の費用
場合によっては以下の費用も発生します。

初期費用 0円
送料 0円
休止手数料 0円
交換手数料 -
解約金 関東地方:10,000円
関東以外の地方:5,000円
※利用1年以降の解約は無料
メンテナンス代 なし

アルピナウォーターの特徴は、注文ノルマがないところとサーバー交換サービスがあるところ。
スタンダードサーバーは2年に一度、エコサーバーは4年に一度のペースでサーバーの無料交換を行っています。

注文は最低3本からですが、ノルマがないため水がなくなりそうなタイミングで注文すればOK。また、サーバー本体もスリムなので、A4用紙2枚分のスペースがあれば設置可能です。

一人暮らしの方におすすめのサーバー参考記事

一人暮らしにウォーターサーバーはいらない?失敗例から学ぶ賢い導入術

省スペースで始めたい!卓上ウォーターサーバーがいい方

フレシャスdewo mini

フレシャスのウォーターサーバー フレシャスdewo miniが並んでいる写真

出典:フレシャス

こんな方におすすめ!

 
  • 限られたスペースにサーバーを置きたい方
  • 重たいボトルを詰め替えたくない方


毎月かかる費用
※通常プランの場合

サーバー代 0~500円
水のパック代 1パック4.7L 925円
※注文は1箱(4パック)から
電気代目安(メーカー発表) 15円/日〜
総額目安 12L使用時:月2,806円~
24L使用時:月5,157円~

その他の費用
場合によっては以下の費用も発生します。

初期費用 0円
送料 0円
休止手数料 1,000円
交換手数料 5,000円
解約金 契約から
9か月未満:15,000円
2年未満:9,000円
メンテナンス代 なし

「フレシャス dewo mini」は幅25cm×奥行29.5cm×高さ約47cmと、卓上ウォーターサーバーの中でもコンパクトなサイズ。 水はボトルではなくパック(4.7L)に入っているので、交換が楽なことが特徴です。

ウォーターサーバーを見極めるためには、優先度の高い比較軸である「月額費用・デザイン・使いやすさ」で検討するのも重要です。

安いウォーターサーバーを契約する前に必ず知ってほしい費用のこと

ちょっと面倒かもしれませんが、ウォーターサーバーを選ぶ前には料金体系をきちんと理解しておくことが大切です。スマホに「2年縛り」の契約期間があるように、ウォーターサーバーにも注意点があるのです。

前提として、ウォーターサーバーには毎月かかる費用とそうでない費用があります。どういう内訳なのか、見ていきましょう。

ウォーターサーバーを利用すると毎月発生する費用

ほとんど全てのウォーターサーバーには次のコストがかかります。いわゆる「月額費用」「ランニングコスト」といわれる費用です。

◆ サーバー代
サーバーのレンタル代。
目安:0~1,000円

◆ 水のボトル代
毎月かかる費用のうち大部分を占める。
目安:12Lで1,200円~2,200円

◆ 電気代
節電タイプは安い傾向にあります。
目安:400~1,000円

消費する水の量にもよりますが、「ウォーターサーバーの月額費用は3,000円代前半だと安い方」といえるでしょう。

ウォーターサーバーによっては発生するその他の費用

毎月かかる費用以外にも、イレギュラーで発生する費用もあります。

特に水のボトルがあまりに安いメーカーの場合、何らかの手数料が加算され、最終的な月額費用は他社とあまり変わらない、といったことも。

契約前には本当に次の費用がかからないか、確認しておくことが大切です。

◆ 初期費用
サーバーの設置手数料や事務手数料として、契約時に発生する費用です。
目安:0~7,000円

◆ 送料
配達地域やメーカーによっては、ボトル発送のたびに送料が生じます。
目安:0~600円

◆ 休止手数料
ボトルの配送を一時的に止める場合にかかる費用。購入ノルマがある場合、この手数料が発生します。
目安:0~1,000円

◆ 交換手数料
使っているサーバーを交換したい場合に生じます。
目安:0~10,000円

◆ 解約金
決められた利用期間の前に解約をすると発生します。「サーバー引取手数料」ともいわれます。
目安:3,000~15,000円

◆ メンテナンス代
サーバーの清掃や修理にかかる費用です。
目安:月600円~

これらの費用は、公式サイトの利用規約や「よくある質問」に必ず書かれています。

ちょっと面倒ですが、契約前にはきちんと確認しておきましょう。

この記事のまとめ

安いウォーターサーバーのまとめ

  • 月額2,000円台(水24Lの場合)で使える安いウォーターサーバーがある
  • 月額費用3,000円以上になるとメーカーの種類が豊富で選択枠が広がる
  • 安さだけではなく用途に合ったウォーターサーバー選びも重要

カテゴリー内記事一覧

一人暮らしにウォーターサーバーはいらない?失敗例から学ぶ賢い導…

「一人暮らしでウォーターサーバーって本当に必要?費用はどれぐらい?」…

飲み放題のウォーターサーバーが気になる!月額料金や仕組みを解説

「ウォーターサーバーは飲み放題で利用できるの?」 赤ちゃんが…

ウォーターサーバーはコスパ悪い?値段をペットボトル・水道水で比…

「ウォーターサーバーのコスパって実際どうなの?」

ウォーターサーバーの電気代は月々いくらかかるの?10社で徹底比較

「ウォーターサーバーの電気代は一体どれくらい?」

ウォーターサーバーの値段はいくらかかるの?世帯別に月額費用を比較

「ウォーターサーバーの値段っていくらぐらい?」