水道水ウォーターサーバーなら定額制で使い放題!3選を比較して紹介

更新

ウォーターサーバー水道水

「水道水を使えるウォーターサーバーってあるの?」

「まわりにウォーターサーバーを使っている人がいないからメリット・デメリットがわからない…」

浄水サーバーの仕組みは機種によってもさまざま。実際に使用した際のコスパの良さも気になるところですね。

水道水を使用できるウォーターサーバーは定額制でランニングコストが少なく、長く使い続けやすいです。

この記事では、浄水ウォーターサーバーの種類や違いメリット・デメリットなどについても比較します。水道水サーバーに興味のある人は、ぜひ参考にしてください。

当サイトの価格表記は、すべて税込です。

定額で使える水道水浄水ウォーターサーバーを紹介!

今回は浄水ウォーターサーバーを取り扱っている
「ハミングウォーター」
「everyfrecious」
「ウォータースタンド」
の3つの浄水サーバーについて解説します。

everyfrecious

エブリィフレシャス設置画像


エブリィフレシャスの浄水ウォーターサーバーは、自宅のインテリアになじむおしゃれなデザインが印象的です。

丸みのあるかわいらしいデザインは、グッドデザイン賞やJIDAなど、数々の賞を受賞したモデル「dewo」をアップデートしたもの。操作がしやすいのも特徴です。

サーバーは床置き型(tall)卓上型(mini)の2種類から選べます。 水道水を補給する専用タンクはそれぞれ5.7L3.3L。たっぷりの容量ながら、水を運ぶのに重すぎない大きさがうれしいですね。

お部屋の明るさを感知し、夜間には自動でスリープモードになる省エネモードも搭載。 月々の電気代も抑えられます。

どれだけ水を使っても、かかるのはサーバーのレンタル代のみ(別途要水道代)です。定額3,300円/月で利用できます。

(出典元:エブリィフレシャス

エブリィフレシャスおすすめポイント


  • コンパクトで丸みのあるデザインがおしゃれ
  • 床置き型と卓上型の2種類から選べる

公式サイトへ

サイズ
高さ
奥行
重さ
tall
29cm
mini
25cm
tall
36.3cm
mini
29.5cm
tall
112.5cm
mini
47cm
tall
19.7kg
mini
8.3kg
レンタル料 月額3,300円
早期解約金 1年未満:20,000円
2年未満:15,000円
3年未満:10,000円
エコモード
消費電力 冷水100W
温水200W
電気代 tall:約360円〜/月
mini:約410円〜/月
温度 tall:
冷水:5~10℃
(ECO冷水:約10~15℃)
温水:80~85℃
(ECO温水:約70~75℃
/高温水:約85~90℃)
mini:
冷水:5~10℃
(ECO冷水:約10~15℃)
温水:80~85℃
(ECO温水:約70~75℃)
カラー マットホワイト
マットブラック
チャイルドロック 冷水:○
温水:○
クリーンシステム

ハミングウォーター

ハミングウォーター


ハミングウォーターの浄水サーバーは、幅26cm、奥行37cmとコンパクトなサイズが特徴です。

ボックスティッシュ1個分の幅なので、設置スペースが限られている家庭にもおすすめです。

やわらかな曲線を生かしたスタイリッシュなデザインは、ナチュラルテイストやシンプルなモノトーンのお部屋にも合いそう。カラーはホワイトとブラックの2種類から選べます。

毎日約10Lの浄水が可能なので、そのまま飲むのはもちろん、料理の下ごしらえから調理までたっぷりと水を使えるのが魅力

2段階式の浄水フィルターで不純物をしっかりと除去し、いつでも清潔な水が飲めます。 毎月どれだけ水を使用してもレンタル料は定額3,300円。浄水フィルターや配送料も含まれています。

hummingwater

(出典元:ハミングウォーター

ハミングウォーターおすすめポイント


  • スタイリッシュなデザインがおしゃれ
  • 省エネ設計で電気代を抑えられる

公式サイトへ

サイズ
高さ
奥行
重さ
26cm 37cm 120cm 約20kg
レンタル料 月額3,300円
早期解約金 1年未満:20,000円
2年未満:15,000円 3
年未満:10,000円
エコモード
消費電力 冷水100W
温水200W
電気代 tall:約360円〜/月
mini:約410円〜/月
温度 tall:
冷水:5~10℃
(ECO冷水:約10~15℃)
温水:80~85℃
(ECO温水:約70~75℃
/高温水:約85~90℃)
mini:
冷水:5~10℃
(ECO冷水:約10~15℃)
温水:80~85℃
(ECO温水:約70~75℃)
カラー マットホワイト
マットブラック
チャイルドロック 冷水:○
温水:○
クリーンシステム

ウォータースタンド

ウォータースタンド設置イメージ


ウォータースタンドの浄水サーバーは、冷水・常温水・温水が利用できる人気のサーバーです。

水道直結型なので、タンクに水を補充する手間がかかりません。 「瞬間冷温水システム」を搭載することで、一般的なサーバーにはある冷水・温水用のタンクが不要。 コンパクトで、消費電力を抑えられるのも魅力です。

サーバー本体は幅23cm、高さ47.1cmのコンパクトタイプ。キッチンシンクの横に設置できるので、使い勝手も抜群ですよ。

2段階ろ過の高性能浄水フィルターを使用し、後ほど詳しく説明する家庭用用品品質表示法で定められた除去対象物質12個をすべて除去してくれます。そのため、いつでもきれいな水を使用できます。

ウォータースタンドは毎月定額料金のレンタル制。 サーバー料金と水道代、電気代のみで利用でき、メンテナンス代も含まれています。

waterstand

(出典元:ウォータースタンド

ウォータースタンドおすすめポイント


  • スタイリッシュなデザインがおしゃれ
  • 省エネ設計で電気代を抑えられる

公式サイトへ

サイズ
高さ
奥行
重さ
23cm 23cm 47.1cm 約10.6kg
レンタル料 月額4,400円
(ガーディアン/機種によって異なる)
早期解約金 1年未満:6,000円
エコモード
消費電力 冷水1A
温水1400W
電気代 約150円
温度 冷水:5〜8℃ 
温水:高 約93℃ 中 約85℃ 低 約75℃
カラー ホワイト
ブラック
チャイルドロック 冷水:なし 温水:○
クリーンシステム

水道水浄水ウォーターサーバーのそれぞれの違いは?

水道水サーバーとは?を解説していきます。

水道水ウォーターサーバーには主に2つの種類があります。

サーバー本体に水道水を取り込む方法


  • 自分で水を入れる水道水補充タイプ
  • 水道栓とつないで使う水道直結タイプ

それぞれ特徴が異なるので、ここではその違いについて詳しく解説します。

ぜひ、自分に合うウォーターサーバーを選ぶ際のチェックポイントにしてくださいね。

水道水補充とは自分でお水をサーバーに入れるタイプ


水道水補充は、自分で水道水をサーバーに注ぎ入れて使用するウォーターサーバー。

どこでも好きな場所に設置できるので、キッチンに設置スペースがないという家庭にもおすすめです。 工事の手間や費用がかからず手軽に導入できるでしょう。

ただし、自分で水を補充する手間はかかります。 水の使用頻度が多いと1日に何度も給水する必要があり、面倒に感じるかもしれません。

水道水補充タイプサーバーは、エブリィフレシャスとハミングウォーターの2つです。

水道直結は水道栓とサーバー本体をつないで水道水を入れる

ウォータースタンド設置イメージ


水道直結は、水道栓とサーバー本体をつないで利用するタイプ。 水道補充タイプと比べ、自分で水を補充する手間がかからないのがメリットです。

デメリットは、水道直結タイプは初期設置工事が必要

サーバーの取り扱いがあるウォータースタンドでは、初回設置費9,900円がかかります。 一般的にサーバーの設置場所は水道栓に近い場所になることがほとんどです。

ウォータースタンドの場合、水栓に分岐部品をとりつけ、水道栓約5m以内であれば設置可能。 工事方法や機種によっては10m以上離れている場所にも設置できます。

とはいえ気軽に場所を変えるのは難しいので、事前に設置スペースをしっかりと確認しておきましょう。

サーバーのサイズの違い

卓上と床置き型の比較


ウォーターサーバーには、大きさの違う2種類があります。

ウォーターサーバーのサイズの種類


  • スタンダードな床置き型
  • カウンターや棚に置ける卓上型

床置き型サーバー

床置きサーバー


床置き型サーバーは、直接床に設置するタイプです。ウォーターサーバーと聞いて、床置き型タイプを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

高さは110~120cmほどで、デザインのバリエーションが多いのも特徴です。

タンクの容量が大きく、水道水補充タイプなら補充の回数が少なくて済みます。毎日水をたくさん使う人や家族向きのサーバーです。 一方、サイズが大きいため、設置場所を変えるのは大変。事前にしっかりと設置場所を検討しておきましょう。

卓上型サーバー

卓上サーバー


卓上型サーバーはコンパクトで、棚やテーブルに置けるのが特徴です。

キッチンカウンターやキッチン背面スペース、リビングのサイドテーブルなどにも設置できます。

高さは50cmほどのものが多く、床置きタイプに比べて約半分。 スペースが限られている家庭にもおすすめです。

高さのある場所や台に設置することで、小さい子どもの誤作動やいたずらを防ぐことができます。 デメリットは、床置きタイプよりもタンク容量が小さいこと。

水道水補充タイプならこまめな給水が必要になるでしょう。

注意したいのが、台に設置する場合の耐荷重量です。エブリィフレシャスminiは8.3kg、ウォータースタンドは10.6kgあるので、サーバーの重さを支えられるかどうかをしっかりと確認してくださいね。

サーバーの浄水フィルターの性能の違い

水道水ウォーターサーバーを選ぶ際、気になるのが浄水力ですね。

先ほど紹介した3社は浄水能力の高い高品質なカートリッジやフィルターを採用しているので、正直どれを選んでもOK。 決定的な違いはありません。

メーカーごとの違いもあるので、ここでは3社の浄水カートリッジ・フィルターについて詳しく見ていきましょう。

家庭用用品品質表示法で定められた除去対象物質


遊離残留塩素 / カビ臭(2-MIB) / ブロモホルム / 濁り / 農薬(CAT) / クロロホルム / 総トリハロメタン / テトラクロロエチレン / ブロモジクロロメタン / 溶解性鉛 / トリクロロエチレン / ジブロモクロロメタン

浄水フィルターの除去物質の比較表

everyfrecious ハミングウォーター ウォータースタンド
除去物質数 23個 21個 20個
家庭用用品品質表示法で定められた
除去対象物質
シス-1,2-ジクロロエチレン及びトランス-1,2-ジクロロエチレ
ベンゼン
陰イオン界面活性剤
フェノール類
ジェオスミン
水銀 -
アルミニウム -
四塩化炭素 -
カドミウム - -
トリクロロエタン -
PFOS・PFOA(有機フッ素化合物) - -

everyfreciousの浄水フィルター

エブリィフレシャスの浄水フィルター


エブリィフレシャスの浄水カートリッジは、家庭用品品質表示法で定められた12物質を含む23物質を除去してくれます。

不織布、活性炭・鉛除去剤(ATS)、中空糸膜などでしっかりと水道水をろ過。 残留塩素やカビ臭、鉛、アルミニウムなどが含まれない水を、ぜひ毎日の生活に取り入れたいものです。

カートリッジは6ヶ月を目安に届き、自分で交換します。

エブリィフレシャスのカートリッジは1本なので交換が手軽なのが魅力。他の2社は2本タイプです。手順はカートリッジのキャップを外し、サーバーのホルダーに回しながら差し込むだけと簡単です。工具は必要なく、片手で簡単に取り付けられますよ。

公式サイトはこちら

ハミングウォーターの浄水フィルター

ハミングウォーターの浄水フィルター


エブリィフレシャスの水道水サーバーには2段階式浄水フィルターを採用。水道水に含まれる不純物や濁り、においなどもしっかりと除去してくれます。

家庭用用品品質表示法で定められた除去対象物質12を含む21の除去物質を取り除いてくれます。

フィルターの交換時期は6ヶ月に1回程度。交換時期に合わせてフィルターが届くので、交換を忘れる心配はありません。

エブリィフレシャスのフィルターは2本なので、取り替えが少し面倒に感じるかもしれません。 使用中のフィルターを取り外したら、交換用の2つのフィルターを右に回しながらセットしましょう。使用済みのフィルターは不燃物として処分できます。

公式サイトはこちら

ウォータースタンドの浄水フィルター

ウォータースタンドの浄水フィルター


ウォータースタンドのサーバーに使用されているのは、機能の異なる2種類の浄水フィルター。

NASAが技術特許を持つ「ナノトラップフィルター」は、水道水の中の浮遊物質をはじめ、水銀や鉄、アルミ、鉛などの粒子性重金属、大腸菌などのバクテリアもしっかりろ過します。

また、「イノセンスフィルター」でニオイ誘発物質を除去し、水をおいしくまろやかな味わいに。赤ちゃんのミルク作りにも適していますよ。

前出2社と違うのは、ウォータースタンドの浄水フィルターは、メンテナンス訪問の際に専門スタッフが交換してくれます。 交換時期は機種によって6~24ヶ月です。

公式サイトはこちら

水道水サーバーは6ヶ月〜に1回新しいフィルター交換

水道水サーバーのフィルターは、6ヶ月に1回送られてきます。交換時期に合わせて定期配送されるので、フィルターの交換し忘れがなくて安心です

水道水に含まれる残留塩素や濁り、においなどをきれいに除去し、きれいなお水を飲むためには、定期的になカートリッジ・フィルターの交換をしましょう。

水道水ウォーターサーバーのメリット・デメリット

「3つの浄水サーバーについて違いがわかったけど、浄水サーバーは本当に便利なのかがわからない…」

「メリットだけでなく、デメリットについても知りたい」

そういう方のために、ここでは水道水サーバーのメリット・デメリットをお伝えします。

水道水サーバーのメリット

エブリィフレシャス設置イメージ


水道水サーバーは、定額制で使い放題。 水代を気にせずジャブジャブ使えるのが最大のメリットです。 また、定期的なフィルター交換の買い替えが不要、コンパクトでインテリアに合わせやすいといった点も魅力です。

  • 定額制でお水を使い放題
  • 定期的なフィルター交換の買い替えが不要
  • コンパクトでインテリアに合わせやすい

メリットについて、詳しくみていきましょう。

定額制でお水を使い放題

水道水サーバーは、定額制3,300円〜でお水を使い放題できる点が最大のメリットです。

一般的な宅配型のウォーターサーバーは、購入したお水のボトルの本数に応じて料金が変動します。

月額費用の目安は、4,000円〜5,000円です。 別途水道代はかかりますが、月5円程度(24L)※と、水代が、一般的なウォーターサーバーより圧倒的に安いです。

東京都水道局公式サイトを参照

また、一般的なボトル交換タイプのウォーターサーバーは、水のストックがなくなる前に注文する必要がありますが、水道水サーバーは水の注文が不要です。 水の買い忘れや、配送を受け取る手間がないのもうれしいですね

もちろん、一般的なウォーターサーバーのように、定期購入で最低1ヶ月に1本は注文しなきゃいけないなどの注文ノルマもありません

大人数の家族や、お水を料理にも使う人、お水をたくさん使用する人にとって、水道水サーバーは、大変お得に利用できるサーバーです。

定期的なフィルター交換の買い替えが不要

さらに、毎月の定額料金にはサーバーレンタル料やフィルター代、メンテナンス代もすべて含まれているので、定額料金にその他の費用がかからないのも魅力。 定額料金以外の出費がないのは、お財布に優しいですよね。

コンパクトでインテリアに合わせやすい

水道水サーバーは、水ボトルが不要なので、コンパクトなサイズのものが多い傾向があります。

一般的なウォーターサーバーは、水ボトルのサイズに合わせて、サーバーの高さや幅を設計する必要があり、コンパクト化には限界があります。 ウォーターサーバーの導入を、置き場所スペースの確保を理由にあきらめていた人も、水道水サーバーなら、自宅に設置できるものが見つかるかもしれません。

水道水サーバーのデメリット

水道水サーバーのデメリットとして挙げられるのは3つ。設置場所の確保が必要、レンタル代以外に電気代がかかる、解約金がかかるなどです。

ただし、これらのデメリットは水道水サーバーにかぎらず、どのウォーターサーバーにも見られるものです。ちゃんと納得したうえで契約してくださいね。

  • 設置場所の確保
  • レンタル代以外に電気代が別途かかる
  • 解約金がかかる

設置場所の確保

水道水サーバーは設置スペースを取るのがデメリットです。 キッチンやリビングが狭い家庭では、置き場を確保するのが難しいでしょう。とはいえ、例えば、エブリィフレシャスのサーバー(tall)のサイズは幅29cm、奥行き36.3cm。A4用紙のサイズが21cm × 29.7cmなので、A4用紙より少し大きいサイズのスペースがあれば設置可能です。

ウォーターサーバーのサイズはコンパクト化している傾向にあるので、部屋に合うサイズのものを探してみてくださいね。

レンタル代以外に電気代が別途かかる

水道水サーバーは、レンタル代以外に電気代がかかるのがデメリットです。

こちらの記事で紹介したハミングウォーターは電気代が月々475円程度、ウォータースタンドは150円程度かかります。

ただし、一般的なウォーターサーバーは電気代が月々600〜1,000円程度かかるので、それに比べると水道水サーバーの電気代は安いといえるでしょう。

解約金がかかる

ウォーターサーバーを契約期間内に解約する場合、解約金が発生することがほとんどです。

ひと昔前の携帯電話の2年契約をイメージするとわかりやすいでしょう。

1〜2年未満の解約に対し、解約金を設定しているメーカーが多く見られます。 「2年も使い続けるかわからない…」という場合は、しっかりと納得してから契約しましょう。

解約金の比較表

everyfrecious ハミングウォーター ウォータースタンド
解約金 1年未満
20,000円
2年未満
15,000円
2年未満
15,000円
1年未満
6,000円

水道水ウォーターサーバーはどんな人におすすめ?

自分に合った水道水ウォーターサーバーを選びたいけれど、なかなか決心がつかないという人も多いのではないでしょうか。

実際に、生活のどんなシーンで役立つのかも知りたいですね。

ここでは、水道水ウォーターサーバーがどんな人におすすめなのかを見ていきましょう。

水道水ウォーターサーバーがおすすめな人

  • 水代を気にせずお水をたくさん使いたい人
  • おしゃれなインテリア家電として置きたい人
  • 赤ちゃんのミルク作りに使いたい人

水代を気にせずお水をたくさん使いたい人におすすめ

エブリィフレシャス設置イメージ


水道水サーバーは、水代を気にせずたっぷりと水を使いたい人におすすめです。 一般的なウォーターサーバーの水代(24L)が3,000〜4,000円なのに対し、水道水サーバーは、約5円です。

東京都水道局公式サイトを参照

月額定額制なので、どれだけ使っても料金が同じなのもうれしいポイント。 毎日料理に使いたい人や人数が多い家庭などにぴったりです。

また、コーヒーやお茶をよく飲むという人も、温水を使用すれば毎回お湯を沸かす手間が省けて便利ですね。

おしゃれなインテリア家電として置きたい人におすすめ

卓上型サーバーのイメージ画像


水道水サーバーは機能性はもちろん、デザインもおしゃれ。 インテリア家電として置きたい人にもおすすめです。

ハミングウォーターの水道水サーバーは、やわらかな曲線が印象的なシンプルなデザイン。 キッチンやリビングなど人目のある場所に置いて、つい自慢したくなるでしょう。

また、エブリィフレシャスは、デザイン受賞モデルをアップデートしたデザインが人気です。 カラーには光沢のないマットホワイトとマットブラックを採用しているので、お部屋が高級感のある空間に。

ウォーターサーバーのなかには水を温めるときや冷やすときに音がするものがありますが、静音設計のタイプなら寝室にもおすすめです。

赤ちゃんのミルク作りに使いたい人におすすめ

赤ちゃんのミルクをあげている様子


ウォーターサーバーは、赤ちゃんのミルク作りにも便利です。

1日に何度もお湯を沸かしてミルクを作るのは大変。ウォーターサーバーならいつでもお湯が出るので、ミルク作りが楽になるでしょう。

水道水サーバーの各メーカーも、赤ちゃんのミルク作りにOKとしています。

※ハミングウォーター公式サイト「赤ちゃんのミルクづくりをもっとラクに」を参照
※エブリィフレシャス公式サイト「エブリィフレシャスは赤ちゃんのミルクにも使用できますか?」を参照
※ウォータースタンド「赤ちゃんに最適なウォーターサーバー」を参照

厚生労働省によると、ミルク作りには70℃以上のお湯を使用することが推奨されています。

※厚生労働省「乳児用調製粉乳の安全な調乳、保存及び取扱いに関するガイドライン」を参照

ウォーターサーバーの温水温度は75~90℃程度と、基準をクリアしているので安心です。

子どもが大きくなるとサーバーコックに手を伸ばす可能性もあります。チャイルドロック搭載のものを選んでおくとよいでしょう。

浄水器と水道水サーバーどっちがいい?

どちらを選ぶべき?浄水器 ウォーターサーバー


次は、浄水器とウォーターサーバーのコストを比較してみましょう。 「浄水器=安い」、「水道水サーバー=高い」という前置きでしたが、実際に料金の違いはどのくらいあるのでしょうか?

特徴

  • 水道水をフィルターに通すことで、ゴミなどの不純物やカルキ臭の原因である塩素などの物質を取り除く
  • 家庭用の浄水器では蛇口に取り付けるタイプのものが主流
浄水器の費用 水道水サーバーの費用
初期費用 3,000〜20,000円 無料〜9,900円
レンタル代(月額) ー (購入のため) 月額3,000〜4,000円
水代(24Lの場合) 5円 5円
電気代(月額) ー (電気不要) 500円~1,000円
合計 月額換算1,000円程度※ 月額4,000円程度

※浄水器の費用は、浄水器本体価格+交換甩カートリッジ3,000円(3ヶ月ごと)を目安に試算

上記の表からもわかるように、浄水器は本体を購入する必要がありますが、1度購入してしまえば、その後にかかる費用は、数千円。

3ヶ月程度に1度、交換用カートリッジを購入するだけと、リーズナブルです。 浄水器は初期費用がかかるものの、長い目で見るとお得感があります。

対して、水道水サーバーは、毎月4,000円程度(レンタル代+電気代)かかるので、浄水器と比較すると、コストが高いです。 ただ、コストはかかりますが、水道水サーバーにしかない魅力があります。 続いては、浄水器・水道水サーバーのメリットを比較していきます。

浄水器と水道水サーバーのメリットを比較

浄水器と浄水サーバーのメリットの比較表

浄水器のメリット 水道水サーバーのメリット
  • 量販店で手に入りやすく導入までが手軽
  • スペースをとらず取り付けや設置が簡単
  • 低価格のものもあり気軽に購入できる(数千円~)
  • 1台で冷水と温水がすぐに使える
  • コンセントさえあれば家のさまざまな場所に設置できる
  • インテリア家電としておしゃれ

浄水器のメリットは、浄水サーバーに比べて手軽に導入できる点です。

蛇口に取り付けるだけと設置が簡単で、置き場所スペースも取りません。 また、安いものだと数千円台で手に入るのも魅力です。

契約期間などの縛りもありません。

一方の浄水サーバーは、冷水と温水をすぐに使えることが大きな強みです。

また、デザインがおしゃれなので、インテリア家電として部屋の空間作りにも活かせるでしょう。

最新技術を使ったおいしいお水、冷水・温水がいつでも使える利便性、おしゃれなインテリア性とのコスパを考えて、検討してくださいね。

浄水器はお湯は使えない仕様のものが主流

浄水器は基本的に、35℃以上のお湯を使わないことが推奨されています。

その理由は、高温のお湯を使うことで一旦フィルターに吸着した不純物が流れ出すため。

また、フィルター部分の消耗を早めてしまうためです。そのため、赤ちゃんのミルク作りやコーヒーを淹れるためには使えません。

その点、ボタン一つで温水を使える水道水サーバーは、忙しい人の味方ですね。

浄水器と浄水サーバーのデメリットを比較

浄水器と浄水サーバーのデメリットの比較表

浄水器のメリット 水道水サーバーのメリット
  • 水回りにしか設置できないものが多い
  • カートリッジの寿命が短い(蛇口に付けるタイプは2~4ヶ月)
  • 水代や電気代、レンタル代などがかかり浄水器に比べて費用が高い
  • 最小でもA4サイズほどの設置スペースが必要
  • 水を補充する手間や水道直結工事が必要

浄水器は基本的に、水回りなど設置場所に制限があるタイプがほとんどです。

カートリッジ交換が3ヶ月程度のものが多く、量販店に自分で買いに行く手間がかかります。

一方の水道水サーバーは、毎月の維持費がかかる点が気になるところ。 レンタル代や電気代なども考えておかなければいけません。

導入には契約が必要で、サーバーのタイプによっては水道直結の初期設置工事が必要なものもあります。

また、水道水補充タイプは、自分でサーバーに水を入れる必要があるので、面倒に感じる方には向いていないかもしれません。

浄水器と水道水サーバーのデメリットを比べると、水道水サーバーの方が、デメリットの数は多いです。

ただ、浄水器にはない、水質の良さ、利便性、デザイン性などのメリットを多く持つのが特徴。

水道水サーバーを導入するなら、デメリットに納得したうえで申し込みましょう。

浄水器がおすすめな人

  • 低コストで手軽に導入したい人
  • 設置スペースを取りたくない人
  • 水の代金を気にせずお水を使いたい人

低コストで手軽に導入したいという人には浄水器がおすすめです。

浄水器は、購入後は基本的に交換カートリッジ代しかかからないので、浄水サーバーに比べると維持費がそれほどかからないのが魅力です。

浄水器はキッチンや部屋が狭く、設置スペースが取れないという人にもぴったりです。

水道水サーバーがおすすめな人

ハミングウォーターの設置イメージ
  • 浄水器・冷蔵庫・電気ケトルの役割を1台でしてくれる
  • ペットボトルのゴミが減る
  • フィルター交換の時期に合わせて定期配送してくれる

いつでも冷水・温水が使える浄水サーバーは、1台で浄水器や冷蔵庫、電気ケトルの役割を果たしてくれます。温水をうまく活用すれば、うどんやパスタなどを茹でるとき、お湯を沸かす時間を短縮できます。家事を時短したい人におすすめです。

また、水道水サーバーは、ペットボトルのゴミが出ない点もポイントです。 ペットボトルの水を購入するとゴミが増えるのが悩み…という人も多いはず。 環境に優しい点も、魅力のひとつでしょう。

交換フィルターは、浄水器と違って、交換時期に定期配送されてくる点もポイント。 交換を忘れる心配もありません。

水道水サーバーは、家事を時短したい人、生活の質をランクアップさせたい人におすすめです。

ウォーターサーバーに関するQ&A

Q.お水を入れたらすぐに温水や冷水機能が使えるの?

サーバーを設置し初回水を入れる際には、冷水・温水になるまでに時間がかかります。エブリィフレシャスの場合は、温水30分程度、冷水90分程度。ハミングウォーターは、常温水10分程度、温水30分程度、冷水60分程度です。

2回目以降に水を追加する際には待ち時間はありません。ただし、水の使用量が多くサーバー内のタンクが空になると適温になるまでに時間がかかることもあります。

Q.本体は購入できるの?

浄水サーバーはレンタルのみのところがほとんどです。ハミングウォーターとウォータースタンドは本体を購入できません。 ただし、エブリィフレシャスは電話での申し込みに限り購入プランが利用できます。サーバー価格はtall、miniともに15万6,000円で、製品保証期間が3年付いています。

Q.タンクに残った水はどれくらいで使い切った方がいい?

各メーカーとも、タンクに残った水は2~3日で使い切ることを推奨しています。

旅行や出張などで家を4日以上空ける場合は、タンクの中の水は保存せず、空にしておきましょう。 ただし、夏場はよりこまめに水の入れ替えをすることをおすすめします。

Q.水道直結型は賃貸でも設置できるの?

キッチンに置いてあるウォータースタンド

ウォータースタンドの水道直結型サーバーは、賃貸でも設置可能です。 スタッフが訪問して取り付け作業を行いますが、水道管に穴を開けるような工程はありません。サーバーを取り外せば元の状態に戻せますので、安心してください。

Q.水をろ過したRO水との違いは?

浄水サーバーの水とRO水では、フィルターを通して取り除ける物質が異なります。

RO水は水道水を逆浸透膜(RO膜)でろ過した水です。RO膜とは、一般的なフィルターでは取り除けないウイルスや金属、イオンまですべて除去できる高性能のフィルター。 RO水は限りなく純粋に近い水といわれています。

一方の浄水サーバーは、高性能のフィルターで家庭用用品品質表示法で定められた除去対象物質をはじめ、鉄やベンゼン、フェノール類などの物質を除去することができます。

この記事のまとめ

  • 水道水浄水サーバーには浄水式と直結型がある
  • 浄水器と比べると、家事を時短にすることができて便利
  • 設置場所と容量で自分にあったメーカーを選ぼう!

関連記事

冷水のみのウォーターサーバーは、なぜ少ない?

「冷水のみが使えるウォーターサーバーは、どんなものがあるの?」…

ウォーターサーバーのお湯の温度は?白湯やカップ麺、ミルクに最適?

「ウォーターサーバーのお湯の温度は何℃?」 「ウォーターサーバーのお湯…

ウォーターサーバーを解約するには?解約に関する基礎知識をご紹介!

いざウォーターサーバーを契約してみて、「やっぱり必要なかったかも」と…

ウォーターサーバーは下置きがいいの?ボトル交換がラクな7社で比較

「ボトルが下置きのウォーターサーバーは交換がしやすいって本当?」…

ウォーターサーバーのメリットとデメリットは?向いているのはこん…

「そもそもウォーターサーバーのメリットって?」「興味はあるけど、本当…