ウォーターサーバーの1ヶ月の電気代比較&比較のときに注目すべき点

電気代でウォーターサーバーを比較

ウォーターサーバーの電気代は1ヵ月どのくらいかかるの?
電気代の安いウォーターサーバーはどれ?

ウォーターサーバーに関する「出費」には、水の料金だけではなく電気代も含まれます。もちろん、電気代は安ければ安いほどありがたいですよね。

ですが、電気代が安いからといって即決せずに、月額のトータルコストや使い勝手などにも注目して決めることが大切です。

この記事ではウォーターサーバー各社の電気代の比較をはじめ、各社のWebサイトに表示している電気代を見るときの注意点や、電気代以外にも考慮すべきポイントを解説していきます。

また、編集部一押しのウォーターサーバーも紹介しているので、自分にぴったりのサーバー選びの参考にしてくださいね。

ウォーターサーバー各社の1ヶ月の電気代を比較

メーカー/機種 電気代/1ヶ月 サーバーレンタル代 想定月額費用
(12L注文)
想定月額費用
(24L注文)
フレシャス
dewoフレシャスのウォーターサーバーが並んでいる写真
330円〜 初月無料 2,403円 4,476円
アクアクララ
アクアアドバンスアクアクララのウォーターサーバーアクアアドバンスが並んでいる写真
350円〜 1,296円 3,266円 4,562円
うるのん
Grandeうるのん Grandeのウォーターサーバーの写真
513円〜 324円 2,887円 4,937円
ワンウェイウォーター
smart(RO水)ワンウェイウォーターのウォーターサーバーsmartが並んでいる写真
436円〜 無料 2,488円 4,540円
コスモウォーター
Smartプラスコスモウォーターのウォーターサーバーsmartプラスが並んでいる写真
502円〜 無料 2,554円 4,606円
信濃湧水
エコサーバー信濃湧水のウォーターサーバーエコサーバーの写真
507円〜 324円 2,451円 4,071円
クリクラ
クリクラ省エネサーバーLクリクラのウォーターサーバーが並んでいる写真
756円〜 無料 2,556円 3,906円
ウォーターワン
JLサーバーウォーターワンのウォーターサーバーJLサーバーが並んでいる写真
600円〜 500円 3,098円 5,096円
プレミアムウォーター
cado×PREMIUM WATERウォーターサーバープレミアムウォーターのウォーターサーバーcado×PREMIUM WATERウォーターサーバーが並んでいる写真
670円〜 無料 3,866円 5,982円
サントリー天然水ウォーターサーバーサントリー天然水のウォーターサーバーが並んでいる写真 720円〜 無料 2,784円 4,848円

※記事内の価格はすべて税込みです。

電気代だけで選ぶのはNG!おすすめウォーターサーバー

フレシャス|電気代が業界最安クラスのおしゃれなウォーターサーバー

FRECIOUS dewo(フレシャス デュオ)

カウンターキッチンの横に設置されているフレシャス デュオとキッチンに立つ女性

(掲載機種:フレシャス デュオ)

上の表に示したようにFRECIOUS dewo(フレシャス デュオ)は業界最安クラスの電気代(約330円/月〜「メーカー発表」を誇ります。最新のエコ機能搭載により、従来機種に比べて約1/3の消費電力だから安心して使えますね。

また電気代以外の水代やサーバーレンタル代を加味した月額のトータル費用が安いのも特長です。毎月のランニングコストをできるだけ安く抑えたい人にとって大きな魅力といえます。

さらにFRECIOUS dewoはデザインも魅力です。

国際的に活躍するプロダクトデザイナーの安積伸(あづみしん)氏 が手掛けたウォーターサーバーで、使い勝手の良さとお部屋のインテリアにもなじむシンプルなデザインが評価されグッドデザイン賞を受賞しています。

レンタル料(月額) 0円
サイズ(幅×奥×高さ) 29cm×36.3cm×112.5cm
重量 20kg
消費電力 加熱 350W
冷却 80W
エコモード
カラーバリエーション
  • スカイグレー
  • メタリックブラック
  • ミルキーベージュ
  • ナチュラルピンク
  • ペールブルー

FRECIOUS dewo mini(フレシャス デュオ ミニ)

カウンターキッチンの上に設置されているフレシャス デュオ ミニと水を汲もうとする男性

(掲載機種:フレシャス デュオ ミニ)

FRECIOUS dewo mini(フレシャス デュオ ミニ)の電気代は、約490円/月〜(メーカー発表)とdewoに比べると少々高くなりますが、その分置き場所を選ばないコンパクトな設計が特長の卓上型ウォーターサーバーです。

お水のパックは4.7Lで軽くて持ち運びもラクラク。1日コップ3杯で1週間で飲み切れる量なので、1〜2人暮らしの人におすすめのサーバーです。

レンタル料(月額) 0円
サイズ(幅×奥×高さ) 25cm×29.5cm×47cm
重量 約7.3kg
消費電力 加熱 200W
冷却 100W
エコモード
カラーバリエーション
  • スカイグレー
  • メタリックブラック
  • カッパーブラウン

コスモウォーター|家族にうれしい機能満載のウォーターサーバー

Smartプラス

ソファーのある部屋に設置されてあるSmartプラス

(掲載機種:Smartプラス)

Smartプラスの電気代(約502円/月〜「メーカー発表」)は、フレシャスほどではないもののウォーターサーバー会社の中では比較的安い方といえます。

こちらは水ボトルを足元でセットできる設計が大きな特長です。

水ボトルを専用のバスケットに入れてスライドさせるだけなので、重たい水を持ち上げずに済み、女性でも簡単に交換ができます。

また子どもがいる家庭に欠かせないチャイルドロック機能は「常時ロック・常時フリー・ボタンを押したときのみ作動」と3つのモードが搭載されています。

子どものイタズラ防止や、意図せずお湯を出してやけどを負ってしまうことを防ぎたいなど、家庭の利用シーンに合わせて使い分けできます。

レンタル料(月額) 0円
サイズ(幅×奥×高さ) 30cm×34cm×110cm
重量 約20kg
消費電力 加熱 350W
冷却 85W
エコモード
カラーバリエーション
  • ホワイト
  • ピンク
  • ブラック
  • ウッド
  • ライトウッド

プレミアムウォーター|おいしさを追求した天然水ウォーターサーバー

スリムサーバーIII (ロングタイプ)

リビングに設置されてあるスリムサーバーⅢ ロングタイプ

(掲載機種:スリムサーバーⅢ)

プレミアムウォーターの定番商品である「スリムサーバーIII」は、電気代(約500円/月〜「JDSA基準に則る」)が、各社と比較すると少々高いですが、その分ウォーターサーバー選びの際ネックになる「設置場所のスペース」を考慮したスリムなデザインが特長のサーバーです。

スリムサーバーIIIは横幅27cmのため、他社製品でよく見かける横幅30cm前後のサーバーに比べて設置スペースに余裕がないご家庭でも設置しやすいのが魅力です。

レンタル料(月額) 0円
サイズ(幅×奥×高さ) 27cm×33.7cm×127.2cm(ボトルカバー含む)
重量 18kg
消費電力 加熱 350W
冷却 80W
エコモード
カラーバリエーション
    ◼️サーバー本体
  • ピュアホワイト
  • プラチナシルバー
  • ベビーピンク
  • プレミアムブラック
    ◼️ボトルカバー
  • アイス
  • ベビーピンク
  • ライトグレー

スリムサーバーIII (ショートタイプ)

キッチンの水回りに設置されてあるスリムサーバーIII ショートタイプ

(出典:プレミアムウォーター)

レンタル料(月額) 0円
サイズ(幅×奥×高さ) 27cm×35.4cm×82cm(ボトルカバー含む)
重量 約15kg
消費電力 加熱 350W
冷却 80W
エコモード
カラーバリエーション
    ◼️サーバー本体
  • ピュアホワイト
  • プラチナシルバー
  • ベビーピンク
  • プレミアムブラック
    ◼️ボトルカバー
  • アイス
  • ベビーピンク
  • ライトグレー

正確に電気代を比較したいなら「JDSA基準」に注目しよう

従来のウォーターサーバー業界ではWebサイトに表記している電気代つまり「消費電力」の測定方法が必ずしも同一ではありませんでした

ウォーターサーバーの業界団体である「日本宅配水&サーバー協会(JDSA)」では次のように述べています。

「これまで、ウォーターサーバーの消費電力の測定は、各事業者が独自に制定した方法で行なわれていたが、その方法が多種多様であるため、実使用との乖離があったり、ユーザーにとってわかり にくい情報であったりすることがあった。」

出典:日本宅配水&サーバー協会 消費電力測定基準(1804)

この問題を解消するため、「日本宅配水&サーバー協会(JDSA)」では共通の測定方法を制定し基準を設けています。

JDSA基準(測定方法)

 

温水・冷水ともに、各600㏄/日、36L/月使用時、27円/kwhで算出

現在ウォーターサーバー各社がこの基準に合わせて測定し、順次スペック表にもこのJDSA基準の数値を掲載するようになってきました。

ウォーターサーバー各社のWebサイトに「JDSA 基準(1804)」や「JDSA 消費電力基準(1804)」という表記のあるサーバー同士であれば、同条件で比較できます。

電気代以外のウォーターサーバー選びのポイント3つ

ウォーターサーバー選びでは電気代の他に、機能性月額費用デザインなどのポイントも一緒にチェックしておきましょう。あなたにとって最適なサーバーを見つけ出すためには、さまざまな観点から検討することが大切です。

ポイント1.機能性

電気代が安いウォーターサーバーを調べているのなら消費電力をカットするエコモード機能が搭載されているのは当然ですが、子どもの事故を防ぐチャイルドロック機能やボタン一つ押せば片手で水を注ぐことのできる機能など、あなたの利用シーンに合う機能があるかどうかもチェックしておきましょう。

フレシャス dewo miniの操作パネルのチャイルドロック部分

(掲載機種:フレシャス dewo mini)

ポイント2.月額費用

ウォーターサーバーにかかる費用は水代や電気代以外に、サーバーレンタル代メンテナンス料送料などさまざまあります。月額費用はこれらの費用をトータルで計算することが大切です。

ポイント3.デザイン

ウォーターサーバーといえばボトルがむき出しのイメージがありますよね。こういったタイプのサーバーも機能的にはまったく問題ないのですが、「いかにも家電」感が少々強めなのがネックです。

せっかく使うならお部屋のインテリアとしても楽しむことのできるデザイン性のあるものを選びたいですね。「お部屋のインテリアにもなるサーバーがいい」という人は、デザイン性も重視して選んでみましょう。

ボトルの見えないスタイリッシュなサーバーカラーバリエーションが豊富なサーバーなど種類はさまざま。自分のお部屋の雰囲気に合うか合わないかを見極めたいですね。

機能性・費用・デザインなど、多角的な観点からウォーターサーバーを見てみたい人は、別記事の「ウォーターサーバー10社の比較ランキング|失敗談から学ぶ賢い選び方」をご覧ください。

この記事のまとめ

  • FRECIOUS dewo(フレシャス デュオ)は約330円/月〜(メーカー発表)と電気代が安い
  • 電気代を正確に比較するなら「JDSA基準」で測定しているサーバー同士で比較しよう
  • ウォーターサーバー選びは電気代の他に「月額費用・機能性・デザイン」も考慮しよう

関連記事

ノルマなしのウォーターサーバーってあるの?おすすめ3社を比較

「ウォーターサーバーには、購入ノルマがあるって聞いたんだけど…」

災害時、停電時でも使えるウォーターサーバー比較|備蓄水として活…

「災害時や停電時でも使えるウォーターサーバーってあるの?」

【8月更新】ウォーターサーバーを乗り換えキャンペーン別に比較|お…

「今利用しているウォーターサーバーを別のサーバーに乗り換えたい!」と…

RO水が飲めるウォーターサーバーを比較|注目の機種3選

RO膜という非常に微細な目のフィルターによってカルキやウイルス、環境物質などの不純物を限りなく取り…

ウォーターサーバー10社の解約金&最低利用期間を比較

ウォーターサーバーの導入を考えたとき気になるのが契約期間中に解約した場合にかかる解約金。