アルピナウォーターのウォーターサーバー全部使ってみた│水素水とは?

更新

アルピナウォーターは、純水(ピュアウォーター)をリーズナブルに提供しているウォーターサーバーのブランド。

扱うウォーターサーバーのなかに、水素水が飲めるサーバーがあるのが大きな特徴です。

「安いウォーターサーバーって使い勝手悪くない?」「純水はおいしいの?」「水素水って味がするの?」などが、使う前の正直な疑問。

今回は、ミズコム編集部で水素水サーバーを含めた全機種をお借りし、実際に使ってみました。使ってみてどうだったのか?生の声をお届けします。

当サイトの価格表記は、すべて税抜きです。

アルピナウォーターとは?

アルピナウォーターforeveryone  

アルピナウォーターは、RO水のなかでも純水(ピュアウォーター)を扱うウォーターサーバーブランド。

ウォーターサーバーは「スタンダードサーバー」「エコサーバー」「水素水サーバー」の3機種をラインナップしています。

アルピナウォーターの特徴

アルピナウォーターのスタンダードサーバー

(掲載機種:スタンダードサーバー)

天然水由来のピュアウォーター

アルピナウォーターのRO水は、RO膜(逆浸透膜)という分子レベルの細いフィルターで不純物を99.9%取り除いた純水(ピュアウォーター)です。

RO水に人工的にミネラルを添加して提供しているメーカーが多いなか、アルピナウォーターは純水のまま。

原水を水道水で作るRO水が主流ですが、アルピナウォーターは天然水由来というのがメーカーの「最高の原水へのこだわり」とのこと。

「水そのものの味であるピュアウォーターだからこそ、本当に良い水を求め、大自然の残る長野県大町の天然水を原水としている」とうたっています。

市販の赤ちゃん用の水もピュアウォーターなので、もちろんミルク用にも問題なく使えます。味わいはまろやかで、どんな年代の人でも飲みやすく優しい水と言えるでしょう。

ランニングコストが安い

ボトル代が低価格&注文ノルマがない」のが、アルピナウォーターの安さの秘密。

水代が12Lボトル1,050円と業界でも低価格クラスなのが大きな特徴です。

さらにウォーターサーバー業界では主流の「一定期間での注文ノルマ」がないので、必要な時に注文でき、費用は最小限に抑えられます。

ノルマがないので、水ボトルについても在庫と空ボトルが溜まりすぎるということがありません。

水の消費量が多い家庭では、ボトルの価格差が大きくトータル料金に反映されるので、ランニングコストを抑えて安く利用できます。

必要数のみ利用できるので、消費量が少ない一人暮らしの方にも向いているでしょう。

定期的にサーバーまるごと無料で交換

メンテナンスとして、定期的ウォーターサーバーを無料でまるごと交換してくれるサービスがあります。

ウォーターサーバー本体の中までは自分で掃除するのは難しいですよね。使っているうちに、中が汚れたり劣化したりするのは当然のこと。

近年は「熱水循環」などでサーバー内部を自動でクリーニングする機能がついたウォーターサーバーも増えてきています。しかし、それでもちゃんときれいになっているか、気になる人もいるのではないでしょうか?

アルピナウォーターは、「良い水」をベストな状態で楽しんでもらいらいという思いから、無料での交換を実施しているようです。

※水素水サーバーのみ、2年に1度定期メンテナンス料6,000円が必要

アルピナウォーターの特徴的な3つのサーバー

アルピナウォーターの特徴的な3つのサーバー

(掲載機種:左からスタンダードサーバー、エコサーバー、水素水サーバー)

まず使い始める前に、アルピナウォーターのウォーターサーバー3機種の特徴を簡単に紹介します。

スタンダードサーバー

 
  • 停電時にも使える
  • 丸いフォルムのデザイン
  • 2年に1回、無料でサーバーまるごと交換

エコサーバー

 
  • スタンダードサーバーと比べて最大42%省エネ
  • ダブルチャイルドロックで、冷水温水ともに完全ロック可能
  • 4年に1回、無料でサーバーまるごと交換

水素水サーバー

 
  • 高濃度の水素水が作れる
  • 100ml約12円とリーズナブルに水素水が楽しめる
  • 停電時にも常温水が使える

これらの特徴の他にお伝えするならば、給水の仕方が3台ともに違うこと。

レバー式のスタンダードサーバーとコック式の水素水サーバーは、停電時でも給水できるのがメリット。ボタン式のエコサーバーは、操作部が本体上部なので子供の手が届きにくいなどの利点があります。

アルピナウォーターのウォーターサーバーを3台全部使ってみた

今回は、アルピナウォーターが扱う全3機種「スタンダードサーバー」、「エコサーバー」、「水素水サーバー」を全部使ってみました。
ウォーターサーバー自体には、どんな違いがあるのでしょうか?

ちなみに水は全機種で同じ純水のボトルを使いますが、水素水サーバーのみ水素水を生成できます。気になる水素水の作り方も紹介しますので、チェックしてみてくださいね。

見た目/デザイン

スタンダードサーバーの見た目デザイン  

(掲載機種:スタンダードサーバー)

3機種ともにカラーは白のみで、ともにシンプルで部屋になじみやすいデザインになっています。
スタンダードサーバーは、一番丸みが目立つフォルムで、やわらかい印象。

サイズ

エコサーバーと女性を比べている写真

(掲載機種:エコサーバー) モデル身長166cm

3機種とも高さはほぼ同じで約1m。横幅は、水素水サーバーのみ専用部分があるので横長です。

給水口は3台ともにやや低めなので、背が高い人は中腰になる必要があるでしょう。

使いやすさ

ボトル交換

アルピナウォーターの12Lと7.6Lのボトル  

アルピナウォーターには、通常の12Lボトルと軽量タイプの7.6L、大容量の18.9Lと合計3種類のボトルがあります。
タイプによってボトルの配送が違うのが特徴。12Lと18.9Lはリターナブル(回収式)で、7.6Lの軽量タイプはワンウェイ(自宅廃棄)です。

12Lボトルを約1m持ち上げてみましたが、力には自信がある私(編集者女性)でもちょっと大変。慣れたら問題はなさそうですが、ボトルには取っ手などもないので、少し持ち上げにくい印象でした。

今回は軽量の7.6Lボトルで水のセッティングをしてみました。

アルピナウォーターの7.6Lのボトル設置してる女性

7.6Lは特に苦労せずに持ち上げられましたし、ボトル設置自体は難しくはなかったです。

ボトルの設置方法を紹介しておきます。

まずボトル口についているキャップとフィルムを外しておきます。次にボトル口をウォーターサーバー上部のボトル設置部に入れ込むだけ。ウォーターサーバー上部には突起部分があるので、そこにボトルの穴をはめ込みます。

ボトルが正常に設置されると、タンクに水が入っていくので、ボトル内の水にボコボコと空気が入ります。

チャイルドロック

チャイルドロックは3台とも解除やロックの仕様が違うので、それぞれ使ってみた印象とともに説明します。

スタンダードサーバー

スタンダードサーバー使ってみた動画はこちら

レバー式で給水するスタンダードサーバーは、温水のレバーを押すだけではお湯が出ません。
温水レバー上にあるスライドカバーを開け、中にあるボタンを押し続けます。ロックが解除されると、レバーにコップを当ててお湯が出る仕組みです。

ちなみに、ロック解除された後はボタンから手を離してもお湯は出ます。

ちょっと気になったのは、スライドカバーの中に隠されたボタンというのは、むしろ子供が気になりそうです(2人の子持ちである私の個人的印象)。

しかし、ボタンを押すことはあっても、長押しする&レバーを押すという偶然が重ならない限りは大丈夫かなと感じました。

エコサーバー
アルピナウォーターのエコサーバー

エコサーバーのチャイルドロックはシンプル。ボタン操作パネルの中央にあるLOCKボタンを長押ししてロックを解除&HOTボタンでお湯を給水でOKです。

ボタン操作パネルはウォーターサーバー上部(約1mの高さ)にあり、小さい子どもの視界に入りにくい上に手が届きにくい位置なので、いたずら防止に効果がありそうな印象です。

エコサーバーのスライドロック  

エコサーバーのチャイルドロックがいいなと感じたのは、通常のロックの他にダブルロックがある点。温水だけでなく冷水も完全ロックすることができます。

本体正面の右上の扉にある操作パネルにはスライドロックがあり、これをロックすると冷水と温水の両方が給水できなくなります。

「冷水温水ともに完全ロック」もできるので、お子さんがいる家庭はエコサーバーが合うと感じました。

水素水サーバー
アルピナウォーターの水素水サーバー  

水素水サーバーは、3台のなかではロックの解除がもっとも簡単でした。
温水のコックを上下一緒につまんで、下に押し込むだけでお湯が出ます。

子供がいない家庭で、むしろチャイルドロックが邪魔と感じるなら、水素水サーバーのような簡易的なロックが良いかもしれません。

スタンダードサーバーでグラスに冷水を注ぐ

(掲載機種:エコサーバー)

純水や水素水の味は実際にどうなのか? 正直、味の違いは詳しくは語れません。
しかし、編集部数人で飲んでみた感想をお届けします。

純水の味について=「まろやか」「飲みやすい」「クセがない」「さらりとしている

おおむねこのような感想でした。アルピナウォーター公式にある利用者の水の感想も、同じような意見が多かったです。

水素水に関しては、正直味の違いはないように感じました。水素が高濃度で入っているというのは、飲んだだけではわかりにくいですが、飲み続けて実感するものかもしれませんね。

その他

水素水の作り方

水素水サーバーでの水素水の作り方は、簡単に言えば「水素水サーバキットの電源を入れてスイッチオン、15分待てばOK」です。

電源も、ウォーターサーバー本体に加えてサーバーキットにも必要なため、プラグが2つ使えるコンセントを近くに用意しましょう。

水素水サーバーのボタン  

水素水サーバーキットの正面には、水素水の濃度を調整できるボタンがあります。電源を入れると、最初は「Normal」に設定されています。

いまいち「本当に水素水が作れているのかな?」と実感がなかったのですが、「High」にしてみると「ブオー」という音と共に「稼働」ランプが点灯しました。

水素水サーバー裏側のホース  

画像の2本のホースは、ウォーターサーバーから水素水サーバーキットへ水を取り入れるものと、水素水をサーバーへ戻すものです。この2本のホースで本体と繋がっています(接続は専門スタッフの方がやってくれるので安心)。

水素水サーバーキットのスイッチは背面にあります。

実際にアルピナウォーターのウォーターサーバーを使ってみてわかったこと

今回、アルピナウォーターの全機種を使ってみてわかった感想を、いい点とイマイチな点を正直にお伝えします。

アルピナウォーターの製品のメリットとデメリット

メリット1 7.6Lの軽量ボトルが選べる

アルピナウォーター7.6Lの軽量ボトル  

アルピナウォーターの水ボトルは、軽量の7.6Lがあるのがいい点だと感じました。

12Lボトルがウォーターサーバー業界の標準で、ボトル上置きが主流なので、ボトル交換の際にはどうしても持ち上げる力が必要。

でも軽量ボトルを選べば、格段にボトル交換の負担が違いました

12Lボトルは500mlあたり43.8円に対して、7.6Lボトルは500mlあたり51.4円と少し割高ですが、そう大きくない差かと思います。

また、7.6Lボトルはワンウェイ方式なので、自宅廃棄が可能。空ボトルを保管しておく必要がなく、自宅で潰して廃棄できるので、スペースを取らないのもいい点です。

メリット2 3台から選べる

アルピナウォーター3台の機種が並んでいる写真  

3種類のサーバーが選べるのもいい点。使った結果、おすすめの人をそれぞれ提案します。

 
  • 最低限の機能でいい=レンタル代が一番安いスタンダードサーバー
  • 子供がいる家庭や節電したい人=チャイルドロックが厳重で電気代が安いエコサーバー
  • 水素水が飲みたい=水素水サーバー

デメリット 水素水サーバーは大きいのでスペースが必要

水素水サーバーと女性が並んでいる写真  

今回気になったのが、水素水サーバーの横幅。水素水サーバーキットがウォーターサーバー本体に隣り合っている形なので、その分幅を取ります。

水素水サーバーキットは、ウォーターサーバー本体にマジックテープでくっつける仕様なので、移動する際には一人では無理でした。
ウォーターサーバーを設置したら、頻繁に移動しない人などは気にならないかもしれません。

また、水素水サーバーが使えるエリアは自社スタッフが配送なので、動かしたい場合はスタッフの方にお願いできるようです。

ぐらつきも心配かなと思いましたが、床への設置面積が増えることは安定するともいえそうです。

一般のウォーターサーバーとの違い

サーバーによって給水の仕方が違う

アルピナウォーターの3つのサーバーの給水口の画像

(掲載機種:上からスタンダードサーバー、エコサーバー、水素水サーバー)

3台ともに給水の仕方が違うのは特徴的です。

給水方法でウォーターサーバーを選ぶ人は少ないとは思いますが、給水は基本的かつ一番使う操作なので、使いやすそうな物を3つから選べます。

アルピナウォーターの製品はどんな人に向いている?

実際に使ってみて思った「アルピナウォーターが向いている人はこんな人」をミズコム編集部が提案してみます。

アルピナウォーターがおすすめな人

生活感あふれるアルピナウォーターの写真  
 
  • ボトル交換に苦労をかけたくない人(ボトルの重さが選択可能)
  • チャイルドロックを厳重にしたい人(エコサーバーなら二重ロック可能)
  • 水素水が飲みたい人(水素水サーバーがあるのは貴重)

アルピナウォーターで新規契約した時の特典

アルピナウォーターで新規契約した時の特典  
対象 公式Webサイトからの新規申込者
特典
  • アルピナウォーター12L ×4本 or アルピナウォーター18.9L ×3本 or アルピナウォーター2ガロン ×3本(1箱)
  • 初回サーバーレンタル料無料
  • エコバッグプレゼント
キャンペーン
期間
2020年6月30日まで
注記
  • 初回無料ボトルは、トーエル配送エリアでも宅配便エリアでも1箱のみ
  • 2ガロンボトルのみ箱入り(1箱3本入り)
  • トーエル配送エリアは2箱から配送、宅配便エリアは1箱から配送
  • 送料はトーエルが配送した分は無料、宅配便を利用した場合は有料
  • 他キャンペーンとの併用不可
  • 先着300名(数量が限定数に達し次第終了)

アルピナウォーターに申し込みしてみる

この記事のまとめ

アルピナウォーターのウォーターサーバーは、価格が安いのが魅力なものの、ウォーターサーバーは機能的に十分な印象。

水はまろやかでおいしいと感じました。

ウォーターサーバーまるごと交換のメンテナンスがありますし、何より価格が安いので、長く使うにはいいサーバーでしょう。

関連記事

コスモウォーターのサーバーSmartプラス|使ってわかった「おすすめ…

ウォーターサーバー業界の中で、コスモウォーターは「人気ブランドの一つ」と言っていいでしょう。…

プレミアムウォーターのスリムサーバーⅢを使ってみてわかったこと

プレミアムウォーターは、ハイクオリティなサーバー+非加熱天然水により、文字通り「プレミアムな」ウ…

シンプルウォーターのエコパックサーバーを使ってみてわかったこと

シンプルウォーターは、名前のとおり、とにかく「シンプル」なウォーター…

新CMで話題!水道直結型で有名なウォータースタンドの製品を使って…

ボトル交換の必要がない、水道直結型のウォーターサーバー。 気になっている人も多いと思いま…

ワンウェイウォーターの「smart」を使ってみた|基本を押さえた性能…

ワンウェイウォーターについて調べてみると、まず目に飛び込んでくるのが「業界最…