ミネラルウォーターとは?水道水との違いや硬水軟水の基準を説明

更新

江口慶太

このページを監修した人

アクアソムリエ:江口慶太(株式会社Mill代表)

ペットボトルから水を入れる様子

「そもそもミネラルウォーターってどんな水?」
「水道水と比べてやっぱりおいしいの?美容や体に良さそうなイメージだけど」

ミネラルウォーターは、今では当たり前に店頭に並んでいますが、
「なんとなくおいしい気がする」というような感覚で飲んでいませんか?

この記事では、硬水と軟水って何?賞味期限はあるの?など、ミネラルウォーターの素朴な疑問を解説。

ミネラルウォーターを飲みたい人向けのコスパの良い方法も提案します。

※当サイトの価格表記は、すべて税込みです。

ミネラルウォーターとは

ミネラルウォーターと一言でいっても、その種類はさまざまです。

国内外の商品を合わせると日本国内では約1000もの商品が流通していると言われています。

数あるなかから自分に合ったミネラルウォーターを見つけるためには、まず種類や味、賞味期限などといった基本的な特徴を知っておくといいでしょう。

ミネラルウォーターの種類

氷水の入ったグラスの写真

日本では、農林水産省が制定したガイドラインに基づき、市販の水は4つの種類に分類されています。

ナチュラルウォーター ナチュラルミネラルウォーターと並び、最も天然に近い状態の水
特定の地下水を供給源とし、沈殿・ろ過・加熱殺菌以外の方法では、物理的にも化学的にも一切処理が行われていません
ナチュラルミネラルウォーター ナチュラルウォーターのうち、地表中のミネラルが溶けた地下水を原水としているもの。
ミネラルは健康維持に必須でありながら、人の体内では作り出せない成分です。
特定の地下水を供給源とし、沈殿・ろ過・加熱殺菌以外の方法では、物理的にも化学的にも一切処理が行われていません
ミネラルウォーター ナチュラルミネラルウォーターと同じ地下水に濾過・沈殿・加熱処理の他、オゾン除菌・紫外線除菌・ミネラル分調整・ブレンド・曝気等を行ったものです。
ボトルドウォーター 飲用に適する水であれば、処理方法などに関する条件は特にありません。
純水や蒸留水、水道水なども含まれます

このように、普段、ミネラルウォーターと呼んでいますが、水源、殺菌方法、その他の処理方法によって、4種類に分けられます

ミネラルウォーターは、①ミネラルの種類②ミネラルの量③殺菌方法④その他の処理によって、味が異なります。

ミネラルウォーターの硬度

水について「軟水」や「硬水」という言葉を使っているのを見聞きしたことがある人もいるのではないでしょうか。

 

軟水か硬水かを決める基準は硬度です。ミネラルウォーターの硬度は、ミネラル成分であるマグネシウムとカルシウムの含有量によって決まります。

水源によって硬度に違いがありますが、日本の水はほとんどが軟水です。

分類の基準は複数ありますが、日本アクアソムリエ協会では、理化学辞典の内容より硬度によって3種類に分けています。
軟水:178mg/L未満
中硬水:178以上357mg/L未満
硬水:357mg/L以上

実際に飲み比べてみると硬水のほうがくせがありますが、好みは人それぞれです。

(出典:一般社団法人日本アクアソムリエ協会

ミネラルウォーターの賞味期限

賞味期限

期間表示が法律で義務付けられている食品のうち、品質の劣化が早いとされているものには「消費期限」、劣化しにくいものには「賞味期限」を記載することが定められています。

ミネラルウォーターは賞味期限表示が基本です。

ただし、同じ水を使用していても出荷までの過程により劣化の進みは異なるため、表示期限に統一した決まりはありません。ペットボトルと瓶だと、一般的に瓶の方が賞味期限が長いです。

商品により賞味期限が違うこともあるので、使用の際には必ず確認しておくようにしましょう。

ミネラルウォーターと水道水の違いはなに?

水道水を注いでいる様子

さまざまな種類の商品が流通しているミネラルウォーターは、店舗や宅配サービスを通して気軽に手に入れることができる身近な存在です。

しかし、手軽に利用できる水には水道水もありますよね。そこでここでは、ミネラルウォーターと水道水の違いについて解説します。

ミネラルウォーターと水道水の主な違いは、「安全基準」と「原水」、「」の3点です。

安全基準の違い

検査している男性

まず、安全基準に関しては、消費者が安心して利用できるように、どちらも厚生労働省のもとで厳しい条件が定められています。
ただし、基準を定める法律や検査内容は別です。

水道水は、水道法第4条に基づいた水質基準検査が義務付けられていて、51のチェック項目が設けられています。

一方、ミネラルウォーターは食品衛生法第11条に基づく「食品、添加物等の規格基準」をクリアすることが必要です。

検査項目の数は、製造過程で殺菌や除菌を行うかどうかによって変わってきます。
殺菌や除菌を行う場合は43項目、行わない場合は20項目です。

法律上の規定では、水道水に比べてミネラルウォーターのほうがチェック項目は少なくなっています
しかし、安全な水を提供するために、これらとは別に独自の検査を行っている会社がほとんどです。

原水の違い

プレミアムウォーターの北アルプスの天然水採水地

(出典:プレミアムウォーター)

次に、原水については、水道水が主に河川の水を使用しているのに対し、ミネラルウォーターは地下水を水源としているのが異なる点です。

水道水は、雨などが集まった河川などの水を浄水場で塩素消毒することにより、雑菌の繁殖を防ぎ安全に飲める状態にしています。

塩素の濃度は、河川の水質状態や季節に応じ、体に害のない範囲で調整されていて、浄水場からの距離が遠い場所や貯水タンクに溜める集合住宅などは低い傾向です。

味の違い

お水が注がれている画像

また、味においては、消毒をしている水道水と比べて、ミネラルウォーターのほうが、美味しいという方が多いです。

実際に飲んでみると、甘味やまろやかさといった、水本来のおいしさを味わうことができます。

ミネラルウォーターはどっちがコスパ良い?ペットボトル or ウォーターサーバー

ペットボトルの水

口にする水は安全面だけではなく味にもこだわりたいという人にとって、ミネラルウォーターは魅力です。

しかし、水道水よりは割高になるので、できるだけコスパの良い方法を検討したいものですよね。

そこでここでは、ミネラルウォーターの主な購入手段であるペットボトルとウォーターサーバーのコスパについて紹介します。

ペットボトルとウォーターサーバーのメリット・デメリットからみるコスパ

フレシャスdewo、フレシャスslat、フレシャスdewo mini

(掲載機種:フレシャス)

ペットボトルとウォーターサーバーのコスパを知るために、まずは、1ヶ月あたりの料金相場を比較します。

たとえば、飲み水の量が1ヶ月間で24Lと仮定すると、安いものなら1本あたり100円くらいで売っている2Lのペットボトルを利用すればコストを1,200円くらいに抑えることも可能です。

安いものなら2Lでも1本あたり100円くらいで売っている商品もあります。
一方、ウォーターサーバーも24L使用すると仮定すると、月額料は約3,000~4,000円が多い傾向です。

次に、費用に対する満足度を見るために、それぞれのメリットとデメリットを対比します。

ペットボトル ウォーターサーバー
メリット
  • 商品を選ばなければ安く購入可能
  • 気分や目的に合わせて、そのときどきで銘柄を変えられる
  • さまざまなサイズがあるので必要量に応じて購入でき、小さいサイズのものなら外出時にそのまま持ち運べる
  • 冷蔵庫内のスペースを取らずに冷水を常に用意しておける
  • いつでもすぐに温水を使用できる
  • 自宅まで届けてくれるので、重い水を持ち運びする負担がない
デメリット
  • 店頭で買うと重い水を持ち帰るのがたいへん
  • コストを抑えるために箱買いなどをすると、保管のために場所が取られる
  • 使用後のペットボトルの保管や処理が面倒
  • 水の購入代金に加えて初期設備やメンテナンスなどの費用も必要な場合も
  • サーバーを常設するスペースを用意しなければならない
  • 重い水ボトルの交換やメンテナンスが必要

価格面だけを比較すると、維持費が不要で、安く購入できるペットボトルのほうがお得です。

ただし、成分などにこだわりがある商品の場合には1本あたりの価格設定が高い場合もあるため、注意が必要となります。

一方、利便性の観点では、冷水や温水を常備できて購入の負担が少ないウォーターサーバーのほうがコスパが良いといえるでしょう。

編集者おすすめのウォーターサーバー

コスモウォーター Smartプラス

月額費用(24Lの場合)
3,800円

【おすすめポイント】

  • 料金は水代のみで、初期費用+レンタル料+配送料が無料
  • 横30cmとコンパクトなので、設置場所が選びやすい
  • 水ボトルが下置きで、持ち上げて交換しなくてもOK

天然水を提供するウォーターサーバーメーカーは料金が高い傾向にあるなかで、コスモウォーターはコスパ良し

3つの採水地から自宅へ直送される天然水は、その高い品質からモンドセレクションを受賞しています。

A4サイズで収まる幅の本体でコンパクト設計なので、省スペースで設置可能

大きな特徴は、ボトルが下置きで、専用のバスケットにボトルを入れてスライドさせる交換方法を採用していること。
標準12Lのボトルを持ち上げる必要がないので、負担が大きく違います。

チャイルドロックなど安全性にも優れている点でグッドデザイン賞を受賞しています。

この記事のまとめ

  • ミネラルウォーターは4種類あり、硬度によって軟水と硬水が分かれている
  • 水道水よりも味がまろやかで、水本来のおいしさが味わえる
  • ミネラルウォーターは、ペットボトルが安さウォーターサーバーが利便性でメリットあり

関連記事

RO水ってなにがいいの?RO水と天然水の違いを7項目で比較!

「RO水のウォーターサーバーってどうなの?」

白湯とはどのような飲み物?お湯との違いや正しい飲み方を徹底解説!

「何となく飲んでるけど、白湯ってこれで合ってる?」

水素水のウォーターサーバー4種類を価格や特徴で徹底比較

「水素水サーバーでどんな製品があるか気になる」「

ウォーターサーバーの衛生面は大丈夫?除菌機能付きサーバー5選

「実はウォーターサーバーって、衛生面ヤバいらしいよ?」 そん…

ウォーターサーバーを解約するには?解約に関する基礎知識をご紹介!

いざウォーターサーバーを契約してみて、「やっぱり必要なかったかも」と…