いちばん安いウォーターサーバーはどこ?ランキングで最安値を比較 

更新

安いサーバーを見つけたい!

「公式サイトを見ても、結局どこが安いのかわからない!」

何も調べずに契約してしまうと、「こんな費用もかかるの!?」と後悔してしまうことも…。とはいえ、各社の料金をすべて比較するのは面倒ですよね。

当サイト調べですと、24L換算で月額2,000円代の安いウォーターサーバーもあります。

*24Lはウォーターサーバーの月平均使用量(ミズコム編集部調べ)

24L換算で月額2,000円代のサーバーを紹介!

1位
ワンウェイウォーターのsmart
ワンウェイウォーター Smart(RO水)
月額*
2,700円
(税込)
*月の水の使用量が24Lだった場合の料金
安い!コスパが良い3つの理由
  • 水代が500ml換算=57円とペットボトルよりも安い
  • 料金は水代のみなので、レンタル代などほか費用がかからない
  • ボトル下置きやエコ機能など、安いのに機能が充実している
安い!コスパが良い3つの理由
  • 水代が500ml換算=57円とペットボトルよりも安い
  • 料金は水代のみなので、レンタル代などほか費用がかからない
  • ボトル下置きやエコ機能など、安いのに機能が充実している

目次

当サイトの価格表記は、すべて税込みです。

安いウォーターサーバーは月に約3,000円あれば始められる!ランキングで最安値比較

いろんなメーカーからウォーターサーバーが発売され種類も豊富ですが、メーカーの公式サイトを見てどこが安いか比較するのは面倒ですよね。

水の使用量によって月額費用は変わりますが、使用量24Lの場合、月額2,000円代や3,000円代で使える安いウォーターサーバーがあります

安いウォーターサーバーなら、一人暮らしの人・赤ちゃんのミルクや離乳食で使いたい人・料理にもたくさん使いたい人にとって導入しやすいでしょう。

それでは、ランキングで最安値を比較していきましょう。

月額(24L)安さランキング

※メーカーによって、月に注文しなければならない最低限のボトル本数(水の量)が違いますので、ご注意ください。

順位 メーカー名 月額費用
(水24L・税込)
詳細
ワンウェイウォーター
(smart RO水)ワンウェイウォーターのロゴ
2,700円
公式へ
アルピナウォーター
(スタンダードサーバー)アルピナウォーターのロゴ
2,897円 公式へ
アクアセレクト
(アクアセレクトサーバー)アクアセレクトのロゴ
3,132円 公式へ
4位 クリクラ
(クリクラFit)クリクラのロゴ
3,380円 公式へ
5位 信濃湧水
(スタンダードサーバー)信濃湧水のロゴ
3,410円 公式へ

※上記金額以外に電気代が別途かかります。

ミズコム編集部調べによると、ウォーターサーバーは月24Lを使用する家庭が一番多いという結果でした。

そこで、24Lでの月額ランキング順メーカーの特徴おすすめポイントを紹介していきます。

1位:ワンウェイウォーター 月額2,700円(24L)

ウォーターサーバーの費用が高く導入に悩んでいる方におすすめなのが、水代が安く月額は水代のみのワンウェイウォーター。

水の交換がしやすい位置にボトルがセットできたりと、安いだけではなく使いやすさも備えたサーバーです。

1位
ワンウェイウォーターのsmart
ワンウェイウォーター Smart(RO水)
月額*
2,700円
(税込)
*月の水の使用量が24Lだった場合の料金
(量ごとの)水の料金
24L 月の最低注文本数* 500ml
2,700 4,050 57
*月にボトル3本(36L)からの注文
レンタル代
0円
その他費用
0円
(量ごとの)水の料金
24L 月の最低注文本数* 500ml
2,700 4,050 57
*月にボトル3本(36L)からの注文
レンタル代
0円
その他費用
0円
 

編集部のココがポイント!

  • 料金が安く家計に無理のない範囲で利用可能
  • 重たいボトルを持ち上げる必要がないので水交換がラクにできる
  • 【8月31日まで】新規ご契約でWプレゼントキャンペーン実施中

キャンペーンを使って申し込む

2位:アルピナウォーター 月額2,897円

RO水で天然水由来のピュアウォーター。とにかく水代が500ml=48円と安いのが特徴です。

また注文ノルマがなく、必要なタイミングで注文できるので、ボトルがたまらず余分なお金がかかりません。

2位
アルピナウォーター
アルピナウォーター
月額*
2,897円
(税込)
*月の水の使用量が24Lだった場合の料金
(量ごとの)水の料金
24L 月の最低注文本数* 500ml
2,304 4,031 48
*月にボトル3本(36L)からの注文
レンタル代
629円
その他費用
0円
(量ごとの)水の料金
24L 月の最低注文本数* 500ml
2,304 4,031 48
*月にボトル3本(36L)からの注文
レンタル代
629円
その他費用
0円
 

編集部のココがポイント!

  • 水代が安い&注文ノルマがないのでランニングコストが安い
  • 水素水サーバーもあり
  • 【9月30日まで】新規契約で12Lボトル4本&500mlペットボトル24本がもらえるキャンペーン実施中

キャンペーンを使って申し込む

3位:アクアセレクト 月額3,132円(24L)

天然水のウォーターサーバーの中で最安値で利用できるので天然水を選びたい方にピッタリ。

3位
アクアセレクト
アクアセレクト
月額*
3,132円
(税込)
*月の水の使用量が24Lだった場合の料金
(量ごとの)水の料金
24L 月の最低注文本数* 500ml
3,132 3,132 69
*月にボトル2本(24L)からの注文
レンタル代
0円
その他費用
0円
(量ごとの)水の料金
24L 月の最低注文本数* 500ml
3,132 3,132 69
*月にボトル2本(24L)からの注文
レンタル代
0円
その他費用
0円
 

編集部のココがポイント!

  • 天然水メーカーのなかではトップクラスに安い
  • 追加の水代が2箱目から2,510円とさらにお得になる
  • 【特典がなくなり次第終了】新規契約で特産品がプレゼントされるキャンペーン実施中

キャンペーンを使って申し込む

4位:クリクラ 月額3,380円(24L)

ボトルが1本(12L)1,460円と安くコストを抑えられるので、水の消費量が少ない一人暮らしの方や、赤ちゃんのために利用を考えている方におすすめサーバー。

1週間無料お試しプランがあるので、ウォーターサーバーを導入すること自体に悩んでいる方にもピッタリ。

4位
クリクラ
クリクラ
月額*
3,380円
(税込)
*月の水の使用量が24Lだった場合の料金
(量ごとの)水の料金
24L 月の最低注文本数* 500ml
3,380 3,380 61
*月にボトル2本(24L)からの注文
レンタル代
0円
その他費用
月460円
(量ごとの)水の料金
24L 月の最低注文本数* 500ml
3,380 3,380 61
*月にボトル2本(24L)からの注文
レンタル代
0円
その他費用
月460円
 

編集部のココがポイント!

  • 1年に1回サーバーを回収しサーバー洗浄のメンテナンスを行ってくれる
  • 子育て家庭がお得な「SMILEキッズプラン」は、毎年ボトル4本が無料でもらえる
  • 【7月31日まで】新規契約で豪華商品がもれなくもらえるキャンペーン実施中

キャンペーンを使って申し込む

5位:信濃湧水 月額3,410円(24L)

信濃湧水エコサーバーの魅力は最大42%の省エネ。電気代もなるべく抑えたいという方におすすめなサーバー。

ダブルチャイルドロック機能付きで小さいお子さまがいる家庭の方にも利用しやすい一台です。

5位
信濃湧水
信濃湧水
月額*
3,410円
(税込)
*月の水の使用量が24Lだった場合の料金
(量ごとの)水の料金
24L 月の最低注文本数* 500ml
3,410 6,480 69
*月にボトル4本(48L)からの注文
レンタル代
0円
その他費用
0円
(量ごとの)水の料金
24L 月の最低注文本数* 500ml
3,410 6,480 69
*月にボトル4本(48L)からの注文
レンタル代
0円
その他費用
0円
 

編集部のココがポイント!

  • 最大42%の省エネで電気代を安く抑えられる
  • 超軟水なので赤ちゃんの粉ミルク調乳用としても最適
  • 【9月30日まで】新規ご契約で3ガロンボトル2本プレゼント!

キャンペーンを使って申し込む

料金の安さだけでサーバー選びをしても、自分に合ったウォーターサーバーを決めることは難しいかもしれません。

ここからは、用途に合ったウォーターサーバー探しのために、タイプ別におすすめの安いウォーターサーバーを紹介していきます。

自分に合った安いウォーターサーバーを見つけたい!編集部が厳選

月額の費用が安いウォーターサーバーを紹介しましたが、いざウォーターサーバーの設置をしようとしても、自分に合っているのはどのサーバーなのか悩みますよね。

用途別で当サイトの編集部がウォ―ターサーバーをピックアップし、月額かかる費用を紹介していきます。
どのウォーターサーバーが自分に合っているのか参考にしてください。

※表示価格は電気代を除いた税抜です。

赤ちゃんに最適なウォーターサーバーはクリクラ

クりクラサーバーの機種ラインナップ
毎月かかる費用の内訳
クリクラサーバーの場合
サーバー代(税込) 0円
水代(税込) 1本12L
1,460円
あんしんサポート
パック料(税込)
月460円
総額目安
(24L使用時)
月3,380円
詳細

公式へ

 

編集部のココがポイント!

 
  • ボトル代が安くランニングコストが低い
  • 産院570以上で導入されている
  • 子育て家庭向けのお得な「SMILE キッズプラン」なら毎年12Lボトル4本が無料でもらえる

もっと詳しく見る
詳細とクチコミが見れます

一人暮らし向けのウォーターサーバーでおすすめはアルピナウォーター

アルピナウォーターサーバーが並んでいる様子

(出典:アルピナウォーター公式)

毎月かかる費用の内訳
スタンダードサーバー
サーバー代(税込) 629円
水代(税込) 1本12L
1,134円
総額目安
(24L使用時・税込)
月2,878円
詳細

公式へ

 

編集部のココがポイント!

 
  • 不純物をろ過したRO水で硬度が低く柔らかい口当たり
  • 一定期間の注文ノルマがない
  • 水ボトル代1,134円(12L)という低価格

もっと詳しく見る
詳細とクチコミが見れます

おしゃれなウォーターサーバーがいい方にはフレシャスdewo

フレシャス dewo|新色カラー(ローズトープ)

(出典:フレシャス公式)

毎月かかる費用の内訳
フレシャスdewoの場合
サーバー代 0円
※2箱以上注文の場合
(1箱4パック入り)
水代(税込) 1パック7.2L
1,247円
富士の天然水の場合
総額目安
(24L使用時・税込)
月4,157円
詳細

公式へ

 

編集部のココがポイント!

 
  • 水はパック式で家庭用ごみとして破棄できる
  • 軽量7.2Lパックで重たいボトルを持ち上げる必要がない
  • 5色から選べデザイン性が高い

もっと詳しく見る
詳細とクチコミが見れます

天然水で安いウォーターサーバーがいい方にはアクアセレクト

アクアセレクトの機種の画像

(出典:アクアセレクト公式)

毎月かかる費用の内訳
Aqua selestの場合
サーバー代(税込) 0円
水代(税込) 1本11.35L
1,566円
総額目安
(24L使用時・税込)
月3,132円
詳細

公式へ

 

編集部のココがポイント!

 
  • 天然水のウォーターサーバーで最安クラス
  • レンタル代が無料
  • Web申し込みでボトル2本がもらえる(初回のみ)

もっと詳しく見る
詳細とクチコミが見れます

卓上ウォーターサーバーがいい方にはフレシャスdewo mini

フレシャス dewo miniの機種ラインナップ
毎月かかる費用の内訳
dewo miniの場合
サーバー代(税込) 550円
水代(税込) 1パック4.7L
999円
総額目安
(24L使用時・税込)
月5,101円
詳細

公式へ

 

編集部のココがポイント!

 
  • 本体が7.3kgと軽量で移動もしやすい
  • A3サイズに収まるほどコンパクトなサイズ
  • おしゃれなデザインでインテリアの一部になる

もっと詳しく見る
詳細とクチコミが見れます

安いウォーターサーバーを契約する前に必ず知ってほしい費用のこと

ちょっと面倒かもしれませんが、ウォーターサーバーを選ぶ前には料金体系をきちんと理解しておくことが大切です。スマホに「2年縛り」の契約期間があるように、ウォーターサーバーにも注意点があるのです。

前提として、ウォーターサーバーには毎月かかる費用とそうでない費用があります。どういう内訳なのか、見ていきましょう。

ウォーターサーバーを利用すると毎月発生する費用

ほとんど全てのウォーターサーバーには次のコストがかかります。いわゆる「月額費用」「ランニングコスト」といわれる費用です。

◆ サーバー代
サーバーのレンタル代。
目安:0~1,000円

◆ 水のボトル代
毎月かかる費用のうち大部分を占める。
目安:12Lで1,200円~2,200円

◆ 電気代
節電タイプは安い傾向にあります。
目安:400~1,000円

消費する水の量にもよりますが、「ウォーターサーバーの月額費用は3,000円代前半だと安い方」といえるでしょう。

ウォーターサーバーによっては発生するその他の費用

毎月かかる費用以外にも、イレギュラーで発生する費用もあります。

特に水のボトルがあまりに安いメーカーの場合、何らかの手数料が加算され、最終的な月額費用は他社とあまり変わらない、といったことも。

契約前には本当に次の費用がかからないか、確認しておくことが大切です。

◆ 初期費用
サーバーの設置手数料や事務手数料として、契約時に発生する費用です。
目安:0~7,000円

◆ 送料
配達地域やメーカーによっては、ボトル発送のたびに送料が生じます。
目安:0~600円

◆ 休止手数料
ボトルの配送を一時的に止める場合にかかる費用。購入ノルマがある場合、この手数料が発生します。
目安:0~1,000円

◆ 交換手数料
使っているサーバーを交換したい場合に生じます。
目安:0~10,000円

◆ 解約金
決められた利用期間の前に解約をすると発生します。「サーバー引取手数料」ともいわれます。
目安:3,000~15,000円

◆ メンテナンス代
サーバーの清掃や修理にかかる費用です。
目安:月600円~

これらの費用は、公式サイトの利用規約や「よくある質問」に必ず書かれています。

ちょっと面倒ですが、契約前にはきちんと確認しておきましょう。

この記事のまとめ

安いウォーターサーバーのまとめ

  • 月額2,000円台(水24Lの場合)で使える安いウォーターサーバーがある
  • 月額費用3,000円以上になるとメーカーの種類が豊富で選択枠が広がる
  • 安さだけではなく用途に合ったウォーターサーバー選びも重要

カテゴリー内記事一覧

一人暮らしにウォーターサーバーはいらない?失敗例から学ぶ賢い導…

「一人暮らしでウォーターサーバーって本当に必要?費用はどれぐらい?」…

飲み放題のウォーターサーバーが気になる!月額料金や仕組みを解説

「ウォーターサーバーは飲み放題で利用できるの?」 赤ちゃんが…

ウォーターサーバーはコスパ悪い?値段をペットボトル・水道水で比…

「ペットボトルを購入してるけど、ウォーターサーバーを検討してみようかな」

ウォーターサーバーの電気代は月々いくらかかるの?10社で徹底比較

「ウォーターサーバーの電気代は一体どれくらい?」

ウォーターサーバーの値段はいくらかかるの?世帯別に月額費用を比較

「ウォーターサーバーの値段っていくらぐらい?」